小松菜奈って、どんな人?身長、体重、出身高校等経歴、熱愛彼氏はジヨン?温泉デート画像流出、週刊文春の密会スクープ、会話は?実家の家族、両親(父母)、兄弟は?

 

f:id:yasuhiro1038:20161207203305j:plain

出典:http://girlschannel.net/

小松菜奈さんといえば、福士蒼汰(ふくしそうた)さんが主演を務めている映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』で、ヒロインを務め、福士蒼汰さんと恋人役を演じています。

この映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が12月17日(土)に、いよいよ公開されます。

この映画は、京都を舞台として描かれており、京都をロケ地として撮影が行われました。

小松菜奈さんは、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『溺れるナイフ』などの話題作のヒロインとして、次々と出演しており、今最も注目されている若手演技派女優です。

そこで、この記事では、小松菜奈って、どんな人なのかを、身長、体重、出身高校等経歴、熱愛彼氏はジヨンなのか、温泉デート画像流出、週刊文春の密会スクープ、会話はどうしているのか、実家の家族、両親(父母)はどんな人で、兄弟はいるのかについて、ご紹介することによって、明らかにしていきたいと思います。

目次


1.小松菜奈って、どんな人?身長、体重、出身高校等経歴

名前:小松菜奈(こまつなな)

あだ名・ニックネーム・愛称:ななちゃん、こまつなちゃん、小松菜

生年月日:1996年2月16日(現在20歳)

出身地:山梨県(公式プロフィールでは、東京都となっていますが、出身高校は山梨県にあります。)

身長:168cm

体重:47kg(推定)

スリーサイズ:B77cm W59cm H85cm

足のサイズ:23.5cm

血液型:O型

星座:みずがめ座

趣味:カメラ、ショッピング、小物集め、旅行

特技:ダンス、フルート、高校時代は、チアリーディング部に所属

長所:友達を信じられること

出身高校:帝京第三高校(山梨県北杜(ほくと)市)

所属事務所:スターダストプロモーション


小松菜奈、モデルとしてデビュー ~ 女優デビューから瞬く間に若手演技派女優として一躍脚光を浴びる

小松菜奈さんは、2008年に小学生向けファッション誌『ニコ☆プチ』で、モデルとしてデビュー。

2014年6月に公開された映画『渇き。』では、ヒロインを演じ、女優デビュー作ながらも、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。

その後、映画『近キョリ恋愛』(2014年10月公開)、『予告犯』(2015年6月公開)に出演すると、2015年5,6月に放送されたWOWOWの連続ドラマ『夢を与える』で連ドラ初主演を果たします。

若手演技派女優として、一躍注目を浴びた小松菜奈さんは、その後も、『バクマン。』(2015年10月公開)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016年2月公開)でヒロインを務めるなど、話題作に次々と出演します。

直近では、2016年11月5日に公開された映画『溺れるナイフ』に出演し、菅田将暉(すだまさき)さんとダブル主演を務めています。

今後は、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の公開が12月17日(土)に控えており、遠藤周作さんの小説「沈黙をマーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙 -サイレンス-』が、米国(同年12月23日公開)と日本(2017年1月21日公開)で公開予定であり、小松菜奈さんにとっては、ハリウッドデビュー作となります。

このように、小松菜奈さんは、今最も勢いのある若手演技派女優の1人であり、映画を中心に主演やヒロインとして、多くの映画に引っ張りだこの状態です。

スポンサーリンク

?


2.小松菜奈の彼氏は、BIGBANGのジヨン!?出会い、温泉デート画像流出、週刊文春による最新連続密会スクープ、会話はどうしてる?

モデル、若手演技派女優として大活躍している小松菜奈さんですが、ファンとして、気になるのが男性関係ですよね。

小松菜奈さんには、彼氏と噂されている男性が2人います。

1人は、韓国の男性アイドルグループ・BIGBANG(ビッグバン)のメンバーであるジヨン(G-DRAGON(ジードラゴン))さんで、もう1人は、大人気の若手演技派俳優・菅田将暉さんです。

ただ、2016年12月現在、小松菜奈さんの彼氏である可能性が高いのは、ジヨンさんだと思いますので、ここでは、小松菜奈さんとジヨンさんの出会いから、現在まで明らかになっている温泉デート画像流出などの情報や週刊文春によるスクープ報道、会話はどうしているのかについて、ご紹介します。


小松菜奈の彼氏!?BIGBANGのジヨン(G-DRAGON(ジードラゴン))とは?

BIGBANGのジヨンさんは、韓国の大人気アイドルグループ・BIGBANGの5人のメンバーの中でも、飛び抜けて人気が高いメンバーで、リーダーでもあります。

BIGBANGのジヨン(本名:クォン・ジヨン(權志龍))さんは、1988年8月18日生まれの現在28歳で、身長165cm、血液型A型、韓国では、G-DRAGONの名で活動しており、BIGBANGのリーダー兼作詞・作曲担当兼プロデューサーを務めています。

小松菜奈さんは、もともとBIGBANGの大ファンだったことが知られており、自身のブログで、たびたびBIGBANGのファンであることを公言していたそうです。


小松菜奈とジヨンの出会いは?

小松菜奈さんとジヨンさんの出会いは、2015年5月にまで遡ります。

韓国のソウルで行われたシャネルのクルーズコレクションに出席していた小松菜奈さんが、大ファンだったジヨンさんを見かけ、勇気を出して、声をかけたことが、2人の出会いとなったそうです。


小松菜奈とジヨン、初共演で、ファッション雑誌『NYLON JAPAN(ナイロンジャパン)』の表紙を飾る

そこで、2人が連絡先を交換して、連絡を取っていたかどうかは定かではありませんが、翌2016年3月、ファッション情報誌『NYLON JAPAN(ナイロンジャパン)』で、小松菜奈さんとジヨンさんが、表紙をツーショットで飾ることになりました。

この時のツーショット写真が、あまりにもお似合いで、まるでカップルみたいだと話題になったことから、この時初めて、小松菜奈さんとジヨンさんの熱愛疑惑が浮上したようです。


小松菜奈とジヨンが、プライベートの食事会で同席していた!?

小松菜奈さんとジヨンさんの熱愛は、噂にすぎなかったのですが、2016年5月以降、2人の交際を裏付けるような事実が明らかになったり、スクープ報道されたりします。

その第一弾といえる報道が、2016年5月17日に雑誌『週刊女性』に掲載された記事で、ジヨンさんのプライベートの食事会に、小松菜奈さんが出席し、しかもジヨンさんの隣りに座っていたというのです。


⑤ ジヨンと小松菜奈の温泉デート写真ほか、プライベート写真が流出!?

2016年9月には、ジヨンさんの『Instagram(インスタグラム)』アカウントから複数のプライベート写真が流出したことが明らかになりました。

その流出写真の中に、小松菜奈さんとのプライベート写真があったのです。

それらの写真の中には、小松菜奈さんとみられる顔が映っている写真やジヨンさんの膝の上に乗ってハグしている小松菜奈さんの写真などがありました。

そして、極めつけの写真が、温泉に入っている小松菜奈さんをジヨンさんが撮影した写真です。

いわば、温泉デート写真です。

温泉デートって、かなり親密にならないと行かないですし、小松菜奈さんとジヨンさんが付き合っている証拠といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

?


週刊文春による小松菜奈とジヨンの最新の連続密会スクープ!!

週刊文春によると、2016年11月5日に、デビュー10周年記念のドームツアーのため来日中だったBIGBANGが、東京ドームでツアー初日を迎えていましたが、そのライブ終了後に、ジヨンさんと小松菜奈さんが密会していたようです。

2人は、次の日も会っており、2日連続で密会していたことになります。

小松菜奈さんは、BIGBANGのライブにも来ていたようです。

こうなると、小松菜奈さんがジヨンさんとつき合っている可能性は濃厚だと思われます。


小松菜奈とジヨンは、会話するとき、何語で話しているのか?

そこで、気になるのは、小松菜奈さんとジヨンさんが会話するときに、何語でコミュニケーションを取っているのかということです。

考えられるのは、日本語、韓国語、英語ですが、小松菜奈さんは日本語、ジヨンさんは韓国語が母国語となります。

小松菜奈さんが韓国語を話せるかというと疑問ですし、ジヨンさんも日本語をまったく喋れないというわけではないそうですが、それほど流暢ではないようです。

ということは、英語になりますが、2人とも話せるかというと、疑問です。

小松菜奈さんとジヨンさんの普段の会話において、どの言葉を話しているのかを、ぜひとも訊いてみたいです。


3.小松菜奈の実家の家族、両親(父母)はどんな人?兄弟はいるの?

小松菜奈さんの実家は、もともと山梨県にあり、山奥の豊かな自然に囲まれた場所にあったそうです。

ただ、小松菜奈さんの公式プロフィールでは、出身地が東京都となっていますが、以前は、山梨県となっていたようです。

どうして、小松菜奈さんの出身地が、山梨県から東京都に変更されたのかについては、わかりません。

小松菜奈さんは、その美しい容姿からハーフやクォーターに間違えられることがありますが、両親は日本人であり、父親佐賀県出身、母親は沖縄県出身であることから、純粋な日本人です。

小松菜奈さんの兄弟ですが、兄が2人いるそうです。

したがって、小松菜奈さんの家族は、父と母の両親と兄2人、小松菜奈さんの5人家族です。

小松菜奈さんは、母親を尊敬しているらしく、母のようになりたいと語っているそうです。

今女優として活躍できているのは、母親だけでなく、家族のおかげと語っており、感謝しているようです。

家族は、小松菜奈さんの芸能活動を応援してくれており、2015年の「東京ガールズコレクション」への出演が決まったときには、母親、兄と友人が見に来てくれたそうです。

小松菜奈さんは、幸せな家庭で育ったことが、うかがえますね。


4.まとめ

この記事では、小松菜奈って、どんな人なのかを、身長、体重、出身高校等経歴、熱愛彼氏はジヨンなのか、温泉デート画像流出、週刊文春の密会スクープ、会話はどうしているのか、実家の家族、両親(父母)はどんな人で、兄弟はいるのかについて、ご紹介することによって、明らかにしてきました。

今飛ぶ鳥を落とす勢いで映画を中心に、若手演技派女優として、大活躍している小松菜奈さんについて、この記事では取り上げましたが、小松菜奈さんは、大変魅力的な女優さんです。

まだ20歳という若さですので、これからどんな風に成長していくのか、とても楽しみです。

そんな小松菜奈さんがヒロインとして、主演の福士蒼汰さんと恋人役を演じた最新作の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が12月17日(土)から公開されます。

この作品で小松菜奈さんは、大きな秘密を抱えているミステリアスなヒロインを演じており、これまで観たことのないようなストーリーの映画に仕上がっています。

小松菜奈さんの今後更なるご活躍を期待しています。

 

関連記事

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp


映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」の歌詞の意味とは?MV女優は誰?

 

f:id:yasuhiro1038:20161129234416j:plain

出典:http://kai-you.net/

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が、2016年12月17日(土)に、いよいよ公開されます。

この映画は、七月隆文(ななつきたかふみ)さん原作の同名小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を映画化したもので、福士蒼汰(ふくしそうた)さんが主演、小松菜奈(こまつなな)さんがヒロインを務めています。

この映画の監督を務めたのは、『ホットロード』『アオハライド』『青空エール』などの恋愛青春映画の名手・三木孝浩(みきたかひろ)監督です。

この記事では、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のback number(バックナンバー)による主題歌「ハッピーエンド」の歌詞の意味とMV(ミュージックビデオ)に出演している女優は誰かについて、ご紹介します。

目次


1.映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌は、back numberの「ハッピーエンド」

f:id:yasuhiro1038:20161130001628j:plain

出典:http://backnumber.info/

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌を担当するのは、大人気3人組ロックバンド・back numberで、主題歌「ハッピーエンド」は、2016年11月16日にリリースされています。

今回、三木孝浩監督のオファーにより、この映画の主題歌を、back numberが担当することになりました。

三木孝浩監督は、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌を、back numberにオファーした理由を、次のように語っています。

back numberはショートフィルムやプロモーションビデオのお仕事で、すでにご一緒していましたが、(back numberの)清水(依与吏)くんとは、自分が作りたいものやクリエイティブで大切にしているポイントが合うなと感じていて、今回主題歌を担当して頂きたいとオファーしました。

back numberは空想だけではない、日常の延長線上というか、日々の感情に根ざした曲作りを大切にしていて、そこがすごくいいなと思っています。

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌であるback numberの「ハッピーエンド」は、この映画のために書き下ろした作品になっています。


2.映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」の歌詞とは?

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」の歌詞は、こちらです。

ハッピーエンド

歌手:back number
作曲:清水依与吏
作詞:清水依与吏

さよならが喉の奥につっかえてしまって
咳をするみたいにありがとうって言ったの
次の言葉はどこかとポケットを探しても
見つかるのはあなたを好きな私だけ

平気よ大丈夫だよ優しくなれたと思って
願いに変わって最後は嘘になって

青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私みたいと手に取って
奥にあった想いと一緒に握り潰したの
大丈夫 大丈夫

今すぐに抱きしめて
私がいれば何もいらないと
それだけ言ってキスをして
なんてね 嘘だよ ごめんね

こんな時思い出す事じゃないとは思うんだけど
一人にしないよってあれ実は嬉しかったよ
あなたが勇気を出して初めて電話をくれた
あの夜の私と何が違うんだろう

どれだけ離れていてもどんなに会えなくても
気持ちが変わらないからここにいるのに

青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私をずっと覚えていて
なんてね 嘘だよ 元気でいてね

泣かない私に少しほっとした顔のあなた
相変わらず暢気ね そこも大好きよ

気が付けば横にいて
別に君のままでいいのになんて
勝手に涙拭いたくせに
見える全部聴こえる全て
色付けたくせに

青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私みたいと手に取って
奥にあった想いと一緒に握り潰したの
大丈夫 大丈夫

今すぐに抱きしめて
私がいれば何もいらないと
そう言ってもう離さないで
なんてね 嘘だよ さよなら

ざっと目を通していただくとわかると思いますが、タイトルの「ハッピーエンド」とは、かけ離れた歌詞の内容になっています。

これは一体、どういうことなのでしょうか?

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」の歌詞の意味するところは何なのかを、次のところでご説明したいと思います。

スポンサーリンク

?


3.映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」の歌詞の意味とは?

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌であるback numberの「ハッピーエンド」は、三木孝浩監督のオファーを受けて、back numberのボーカル、ギター担当で、作詞・作曲を担当している清水依与吏(しみずいより)さんが、この映画のために書き下ろした作品となっています。

そのため、清水依与吏さんは、この映画の原作を読んで、感じたことを素直に歌詞にして、曲にしていって、「ハッピーエンド」という主題歌に仕上げていったそうです。

この「ハッピーエンド」という曲は、女性目線で作られ、失恋をテーマにしたバラードで、back numberの真骨頂といえる楽曲になっており、映画のストーリーと歌詞が、リンクしています。

このようなテーマで、ある女性が自ら別れを告げるというつらい気持ちを歌っている悲しい歌詞にもかかわらず、なぜ「ハッピーエンド」というタイトルにしたのかという問いに対して、清水依与吏さんは、

「主人公の女の子が、お別れの場面で、本当は悲しいのに、嘘をついて、笑顔で終わらせようとしているので、タイトルも嘘をつかせてあげたいと思って」

と語っています。

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のキーパーソンになっているのは、主人公の福士蒼汰さん演じる南山高寿(みなみやまたかとし)の恋人で、小松菜奈さん演じる福寿愛美(ふくじゅえみ)さんです。

清水依与吏さんは、この映画の主題歌「ハッピーエンド」を制作するに当たって、福寿愛美さんを魅力的だと感じたため、彼女の切なく、悲しい思いをこの曲に反映させているそうです。

つまり、「ハッピーエンド」の女性目線は、福寿愛美さんの目線といえるかもしれません。

出来上がった曲を聴いた三木孝浩監督は、この映画にぴったりな曲で、満足していると語っています。


4.映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」のMV女優は誰?

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(「ぼく明日」)の主題歌「ハッピーエンド」のMV(ミュージックビデオ)を制作するに当たって、作詞・作曲を担当した清水依与吏さんは、 

「曲の悲しさと、切なさが直接飛び込んでくるような映像にしたい」

と考え、実際に制作したMVがこちらです。

 

 

このMVを見て、まず気になるのは、出演しているかわいい女優さんは誰?

ということではないでしょうか。

このMVの中の彼女は、とても楽しそうに笑っていますが、切なく、悲しいメロディが流れることによって、このMVはもの悲しいものになっています。

清水依与吏さんによると、このMVで意図しているのは、恋人が撮った幸せだった頃の回想シーンをイメージしているのだそうです。

MVの中で、back numberが演奏している場所は、かつて病院だった廃墟だそうで、歌詞の中の「青いまま枯れてゆく」というイメージを再現するため、廃墟に緑の植物を装飾したのだそうです。

このMVに出演している、かわいい女優さんは、唐田えりかさんといいます。

この記事では、唐田えりかさんとはどんな人なのかを、身長、体重、出身高校等プロフィール、経歴などをご紹介することによって、明らかにしたいと思います。


(1)映画「ぼく明日」の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」のMV女優・唐田えりかの身長、体重、出身高校等プロフィール及び経歴

f:id:yasuhiro1038:20161130001734j:plain

出典:http://friends.excite.co.jp/

唐田えりかさんは、女優の広末涼子さんや戸田恵梨香さん、有村架純さんなどが所属している芸能事務所フラームに所属している女優さんで、期待の若手女優のようです。

そんな唐田えりかさんのプロフィール及び経歴はこちらです。

 

①映画「ぼく明日」の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」のMV女優・唐田えりかの身長、体重、出身高校等プロフィール

名前:唐田えりか(からたえりか)

本名:唐田英里佳(からたえりか)

生年月日:1997年9月19日(現在19歳)

出身地:千葉県

身長:167cm

体重:45kg前後(推定)

血液型:A型

趣味:音楽鑑賞

特技:書道

好きな食べ物:みそラーメン

嫌いな食べ物:ニンジン

好きなスポーツ:バドミントン

憧れの女優:榮倉奈々二階堂ふみ

好きな言葉:「やれなかった、やらなかった、どっちかな」(相田みつをの言葉)

出身高校:千葉県立木更津東高校

所属事務所:フラーム

スポンサーリンク

?


②映画「ぼく明日」の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」のMV女優・唐田えりかの経歴

唐田えりかさんは、2014年、16歳の高校2年生のとき、千葉県富津市マザー牧場でアルバイトしている際に、現在の所属事務所のマネージャーにスカウトされ、芸能界入りします。

同年9月に、韓国のアイドルグループ「少女時代」のMV「DIVINE(Story ver.)」で映像作品に初めて出演し、芸能活動をスタートしました。

翌2015年7~9月に放送されたフジテレビ系月9ドラマ『恋仲』の第1話にゲスト出演を果たし、女優デビューします。

 

唐田えりかは、あのソニー損保のCMに抜擢された若手注目女優

映画「ぼく明日」の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」のMVとこの記事に掲載した画像を見ていただきましたが、なんか見覚えがあると思った方もいたのではないでしょうか。

そう思ったとしても無理はないです。

映画「ぼく明日」の主題歌・back numberの「ハッピーエンド」のMVに出演している唐田えりかさんは、女優・瀧本美織(たきもとみおり)さんが出演していたことでお馴染みのソニー損保のCMに出演し、イメージキャラクターを務めている女優さんなんです。

唐田えりかさんが出演しているソニー損保のCM『公園のコーラス』篇がこちらです。

 

 

唐田えりかさんは、透明感が半端ない美少女だと思いませんか。

唐田えりかさんは、ソニー損保のイメージキャラクターになるために、2015年に実施されたオーディションを勝ち抜いて、ソニー損保のCMへの出演を果たしました。

2016年7~9月に放送されたテレビ東京の連続ドラマ『こえ恋』に出演しましたが、本格的にドラマ出演したのは初めてとなりました。


5.まとめ

この記事では、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のback numberによる主題歌「ハッピーエンド」の歌詞の意味とMVに出演している女優は誰かについて、ご紹介しました。

back numberによるこの映画の主題歌「ハッピーエンド」は、映画の世界観にぴったりの曲だと思います。

映画を見終わったあとに、改めて聴くと、映画のストーリーとリンクしていることがわかると思います。

2016年12月28日には、back number初のベストアルバム「アンコール」がリリースされますが、もちろん、この映画の主題歌「ハッピーエンド」も収録されます。

全32曲が収録されていますので、この映画を観て、back numberが気になったという方は、「back numberとは、どんなバンドなのか」が、よくわかると思いますので、要チェックだと思います。

それでは、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の2016年12月17日(土)の公開まで、楽しみに待ちましょう。

 

関連記事

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp