上白石萌音の出身高校・大学や家族を調査!妹は上白石萌歌!両親(父親・母親)はどんな人?

上白石萌音 家族

上白石萌音 家族

出典:https://ameblo.jp/

上白石萌音(かみしらいしもね)さんといえば、女優としてはもちろん、歌手、声優、ナレーションなど幅広く活躍しています。

そんな仕事では順風満帆な上白石萌音さんですが、プライベートでは大学に在学中です。

また、妹は上白石萌歌(かみしらいしもか)さんで姉妹揃って、ドラマや映画で大活躍していますが、上白石萌音・萌歌姉妹は、2011年に行われた第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』をきっかけに芸能界入りしています。

こんな才能溢れる姉妹を育てた両親とは、どんな人なのでしょうか?

そこで、この記事では上白石萌音さんの出身高校・大学を調査した結果をご紹介すると共に、家族である妹の上白石萌歌さんや両親(父親・母親)はどんな人なのかをご紹介します。

1.上白石萌音の出身高校はどこか?

上白石萌音さんは、中学1年生のときに芸能界入りしていますが、中学校を卒業するまでは、地元の鹿児島県鹿児島市の中学校に通いながら、週末に仕事のために上京するという生活を送っていました。

2013年3月に地元の中学校を卒業した上白石萌音さんは、上京して、普通科の高校に進学しています。

しかし、上白石萌音さんの出身高校については、都内の普通科の高校ということ以外は公表されておりません。

そこで、調べてみたところ、芸能コースのある日出高校と堀越高校のどちらかの可能性が高いようですが、どちらの高校出身かは定かではありません

2.上白石萌音が、現在通っている大学はどこか?

上白石萌音さんは、2016年3月に高校を卒業し、大学に進学しています。

現在22歳の上白石萌音さんは大学4年生だと推定されることから、2020年3月に大学を卒業予定だと思われます。

そこで、上白石萌音さんが現在通っている大学はどこかについて、調べてみました。

上白石萌音さんの公式プロフィールによると、「学歴」欄には「大学在学中」と記載されていることから、どこの大学に通っているのかは公表されておりません。

調べてみると、青山学院大学と明治大学のどちらかの大学に、上白石萌音さんが通っている可能性が高いことがわかりました。

上白石萌音さんが通っている大学を知る上で手がかりになるのが、2016年に行われた大学・短大(短期大学)・専門学校の情報サイト『進路ナビ』のインタビューです。

このインタビューにおいて、上白石萌音さんは、次のように語っています。

大学では、英語教育に力を入れている学部に所属していて、週に8コマも英語の授業があるため、英語漬けの日々を送っています。この前も英語でプレゼンテーションを行いましたし、翻訳の授業なども取っているんですよ。

必修科目が多いため、週5日きちんと大学に通っています。でも、本当にマルチにいろいろなことができる学部ですので、毎日がとても楽しいです。

できることなら留学もしたい、と思っています。やはり本場で英語を学んでみたいですしね。

更に、読売新聞の上白石萌音さんについての記述の中に、都内の私立大学において、舞台芸術論や日本映画史などを学んでいますとあります。

これらの発言や記述から、上白石萌音さんが通っている大学は、都内の私立大学で、英語教育に力を入れている学部に所属しており、舞台芸術論や日本映画史などを学ぶことができる大学ということになります。

都内で英語に力を入れている大学・学部は、たくさんありますが、加えて舞台芸術論や日本映画史を学ぶことができる大学・学部となると、おそらく明治大学国際日本学部だと思われます

3.上白石萌音の妹は女優・上白石萌歌!!

上白石萌音 上白石萌歌

出典:https://book.asahi.com/

上白石萌歌さんは、2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』において、44,120人の中から頂点に立ち、グランプリとなりました。

一方、姉の上白石萌音さんも審査員特別賞を受賞してします。

10歳の小学5年生でのグランプリは、史上最年少という快挙でした。

同年、ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなり、2011年9月号から登場しました。

上白石萌歌(かみしらいしもか)さんは、2000年2月28日生まれの現在19歳で、鹿児島県鹿児島市出身、身長163cm、趣味は、歌うこと、走ること、写真、散歩や美術館めぐりだというモデル、女優さんです。

姉の上白石萌音さんよりも11cmも背が高く、姉妹揃って歌の才能の持ち主です。

2012年2,3月放送のWOWOWの連続ドラマ『分身』で女優デビューし、2015年6月に『ス・マ・イ・ル』で歌手デビューしています。

2016年8月に上演されたミュージカル『赤毛のアン』の主演を務めました。

このミュージカルの主人公は、前年に姉の上白石萌音さんが演じており、姉から引き継いだという形になりました。

2歳年下ということですが、姉の上白石萌音さんと共に女優として活躍の幅が広がっているように感じます。

最近では、2018年7~9月に放送されたTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』では、義母役の綾瀬はるか(あやせはるか)さんとの息の合った演技を見事に披露し、話題となりました

年齢的にまだまだ伸び盛りの時期ですので、姉の上白石萌音さんと切磋琢磨して、女優として活躍を続けてほしいと思います。

4.上白石萌音の家族を調査!両親(父親・母親)はどんな人?

上白石萌音さんの家族は、両親(父親・母親)、妹の萌歌さん、萌音さんの4人家族です。

父親は現在、社会科の教師ですが、メキシコで3年間、日本語教師をしていたこともあります。

2011年に、娘の上白石萌音さんが女優デビューを果たしたNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』において、徳川家から天皇家に嫁ぐ娘役を演じるに当たっては、その頃の時代背景などを教えたそうです。

上白石萌音さんは、社会科教師の父親から教えてもらった上で、NHK大河ドラマの撮影に臨みました。

母親も音楽教師であり、ピアノの先生でもあることから、2人の娘が歌ったり、踊ったりすることが好きになったのは、間違いなく、母親の影響だと思われます。

自宅で、楽しそうに歌ったり、踊ったりしている娘の上白石萌音さんの姿を見て、マリアミュージカルアカデミーに入ることを薦めてくれたのは、そんな音楽教師の母親でした。

しかし、上白石萌音さんが女優になりたいと両親に告白したときは、猛反対されたそうです。

最終的には許してくれて、今では応援してくれています。

5.まとめ

この記事では、上白石萌音さんの出身高校・大学を調査した結果をご紹介すると共に、家族である妹の上白石萌歌さんや両親(父親・母親)はどんな人なのかをご紹介してきました。

上白石萌音さんは仕事だけでなく、勉強、特に英語に力を入れているらしく、忙しい毎日を送っているようです。

また、上白石萌音さんが芸能界入りしたきっかけは、2011年に開催された第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』ででしたが、妹の上白石萌歌さんがグランプリで、姉の上白石萌音さんが審査員特別賞だったのをご存知でしたでしょうか?

上白石萌音さんについて、調べたかぎり、妹よりも下回った結果をどう思っているかについては、特に触れていないようです。

しかし、子供ながらも当時は悔しかったのではないでしょうか。

このような過去があったから、現在のような上白石萌音さんの芸能界での活躍があるのだと思います。

上白石萌音さんの今後更なるご活躍を期待しています。

関連記事
上白石萌音の本名や身長・体重等経歴とは?映画『君の名は。』で大ブレイク!

上白石萌音の本名や身長・体重等経歴とは?映画『君の名は。』で大ブレイク!

上白石萌音 身長

上白石萌音 身長

出典:https://news.walkerplus.com/

上白石萌音(かみしらいしもね)さんといえば、2020年1月からスタートしたTBS系ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主演を務めており、主人公・佐倉七瀬(さくらななせ)役を演じています。

しかもその役どころは、佐藤健(さとうたける)さん演じる憧れのイケメン医師・天堂浬(てんどうかいり)に、一途に勇者のごとく恋をするというものです。

果たして、通称・魔王と恐れられている超ドSの医師との恋が見事に成就するのか、とても楽しみなところです。

このドラマに限らず、ここ数年の上白石萌音さんの活躍ぶりは驚くべきものがあります。

そこで、この記事では上白石萌音さんはどんな人なのかを、大ブレイクのきっかけになった映画『君の名は。』に触れながら、本名や身長・体重等プロフィールや経歴をご紹介することによって、明らかにします。

関連記事
上白石萌音の出身高校・大学や家族を調査!妹は上白石萌歌!両親(父親・母親)はどんな人?

1.上白石萌音の本名や身長・体重等プロフィール

上白石萌音さんの本名や身長・体重等のプロフィールは、次のとおりです。

見た目からはわかりませんでしたが、上白石萌音さんは身長152cmという小柄な女優さんです。

上白石萌音さんは、スペイン語検定6級という資格を持っていますが、これは父親の都合でメキシコに3年間住んでいたことがあるからだと思われます。

名前:上白石萌音(かみしらいしもね)

本名:上白石萌音(かみしらいしもね)

生年月日:1998年1月27日(現在22歳)

出身地:鹿児島県鹿児島市

身長:152cm

体重:30kg代後半(推定)

血液型:AB型

星座:みずがめ座

趣味:読書、音楽を聴くこと、歌うこと、踊ること

好きな本:『アンネの日記』、『赤毛のアン』

資格:英語検定2級、スペイン語検定6級

高校時代の好きな教科:英語

高校時代の苦手な教科:理科

座右の銘:女優・富司純子(ふじすみこ)さんに言われた「いつも真っ白でいなさい」という言葉

憧れの女優:井上真央(いのうえまお)、松たか子(まつたかこ)

所属事務所:東宝芸能

2.「上白石萌音」という名前は本名!その由来は?実は帰国子女だった!?

上白石萌音という名前は本名なのですが、「上白石」という苗字も「萌音」という名前も、とってもめずらしいものですよね。

名前の由来について、上白石萌音さん本人は、次のように語っています。

「母が音楽教師で、音楽が好きになってほしいということで、萌音です。“萌”は、萌えいずる、草木が芽吹くという意味。海外ではクロード・モネのイメージが強いらしく、外国人の方にも覚えてもらいやすい名前ですが、実は私、絵が下手なんです(苦笑)。そこは名前に合わなかったです」

上白石萌音さんの父親は現在、社会科の教師ですが、メキシコの日本人学校で日本語の教師をしていた時期がありました。

そのため、上白石萌音さんは2006年から3年間、メキシコで暮らしていました

上白石萌音さんは実に活発な女性らしく、読書や音楽鑑賞など多趣味で、料理もよくやるし、バレンタインチョコを作ったりもします。

さらには、映画を観たり、ダンス教室に通ったり、意外なところでは筋トレをしていたりもします。

座右の銘である「いつも真っ白でいなさい」という言葉は、女優としての心得のようなもので、映画やドラマの作品ごとに、映画監督や演出家などの色に染まった演技をするために、「いつも真っ白でいなさい」という意味のようです。

3.上白石萌音は『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞を受賞しデビュー!

上白石萌音さんは、幼い頃からとにかく歌や踊りが大好きで、歌い、踊る姿が生き生きしていたことから、母親に薦められて、地元・鹿児島市のマリアミュージカルアカデミーに入り、本格的に歌やダンスを習い始めました。

ちなみに、現在HKT48の活動休止中で、韓国と日本合同の女性アイドルグループ「IZ*ONE」(アイズワン)に所属している宮脇咲良(みやわきさくら)さんとは、マリアミュージカルアカデミーで一緒に学んだ友人であり、同じ年齢でもあります。

そんな上白石萌音さんが中学1年生の時、転機が訪れます。

マリアミュージカルアカデミーの先生に、2011年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募することを薦められ、妹とともに応募したところ、なんと、妹の上白石萌歌(かみしらいしもか)さんがグランプリを受賞し、上白石萌音さんも審査員特別賞を受賞して、芸能界入りを果たしたのです。

姉妹での受賞は、史上初めてのことだったそうです。

その後、上白石萌音さんは2011年9月28日に発売される、ヒップホップグループ「HOME MADE 家族(ホームメイドかぞく)」のアルバム「AKATSUKI」に収録されている『スターとライン』のPVに、妹の上白石萌歌さんとともに姉妹で起用され、初の映像出演となりました。

更に、同年11月27日放送のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』の最終回にテレビドラマ初出演にして、大河ドラマデビューを果たします。

2012年7~8月に上演されたミュージカル『王様と私』で初舞台を踏むと、同年7月公開のアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』で、声優に初挑戦するなど、上白石萌音さんは、着実に女優としての経験を積んでいきました。

そして、上白石萌音さんにとって、映画初主演という大きなチャンスを掴み取ります。

2014年9月に公開予定の映画『舞妓はレディ』のオーディションに臨み、800名を超える参加者の中から、主演の座を勝ち取ったのです。

この映画で、上白石萌音さんの演技力、歌唱力を目の当たりにした周防正行(すおまさゆき)監督は、上白石萌音さんを「平成のオードリー・ヘップバーン」と高く評価しており、その評価を裏付けるように、上白石萌音さんは第38回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、数多くの賞を受賞しました。

更に、この映画の主題歌『舞妓はレディ』は、主人公・春子名義で上白石萌音さんが歌っており、2014年7月にリリースされました。

この曲は、上白石萌音さんにとってのデビュー曲となり、遂に歌手デビューを果たしたのです。

映画『舞妓はレディ』で主演を務めた上白石萌音さんは、その高い演技力と歌唱力が評価されたことから、一気に知名度が上がり、若手実力派女優として、一躍注目を集めました。

2014年12月に東京・シアタートラムにおいて、上演された舞台『みえない雲』で舞台初主演を果たすと、翌2015年8月に8都市において、公演されたミュージカル『赤毛のアン』にも主演しました。

そして、2016年8月に公開されたアニメ映画『君の名は。』では、ヒロイン・宮水三葉(みやみずみつは)の声優を演じたのをきっかけに大ブレイクし、現在ではドラマ、舞台、アニメ、ナレーションなど幅広く活躍しています。

4.上白石萌音、歌手として本格的に活動開始!

映画『舞妓はレディ』の主題歌を役名で担当した上白石萌音さんは、2015年から歌手としての活動を開始し、公式YouTubeチャンネルで、動画『The Favorite Songs vol.1「奏」』『The Favorite Songs vol.2「home」』を公開します。

これらの動画において、上白石萌音さんは、スキマスイッチの「奏(かなで)」とアンジェラ・アキさんの「home」をワンカット長回し、かつアカペラで披露するという至難の技に挑戦しており、見事に歌い上げています。

2015年10月には、東京・青山のライブハウス「月見ル君想フ」において、自身初の対バンライブ『初霜月の歌』に出演すると、翌2016年3月には、同じ場所で2回目の対バンライブ『咲き乱す桃の花より初桜』にも出演し、ライブ活動を開始しています。

2016年10月5日には、名作映画の主題歌・挿入歌をカバーしたミニアルバム『chouchou(シュシュ)』を発売し、上白石萌音さんは歌手として、本格デビューを果たしました。

『chouchou』というタイトルは、フランス語で「お気に入り」を意味し、このミニアルバムには、上白石萌音さんのお気に入りの曲を収録しており、聴いていただいた方々にとっても、「お気に入り」のアルバムになりますようにという思いを込めたそうです。

5.まとめ

この記事では、上白石萌音さんはどんな人なのかを、大ブレイクのきっかけになった映画『君の名は。』に触れながら、本名や身長・体重等プロフィールや経歴をご紹介することによって、明らかにしてきました。

最近、妹の上白石萌歌さんとともに大活躍を見せている上白石萌音さんの身長は、わずか152cmしかありませんが、ドラマを見るかぎり、元気で明るくパワフルな役柄からは、小さいというよりもむしろ大きく見えます。

歌手として、とても才能のある上白石萌音さんはまだ若いので、これから先どのように成長していくのかが楽しみで仕方がありません。

上白石萌音さんの今後ますますのご活躍を期待しています。

檀ふみの家族とは?父親は大作家!?母親はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://girlschannel.net/

檀ふみ(だんふみ)さんといえば、未だに「かわいらしい」「おしとやか」といった形容詞が似合う大物女優さんですよね。

また、エッセイストとしてもその才能を発揮し活躍を続けている檀ふみさんですが、そのご家族をご存知でしょうか。

そこで、この記事では檀ふみさんの家族について、父親は大作家というのは本当か、母親はどんな人か、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにします

1.檀ふみの父親は大作家!?母親はどんな人?

檀ふみさんの実家は現在、東京都練馬区の石神井公園の近くにあります。

檀ふみさんの実家の家族の中で、最も有名なのは父親・檀一雄(だんかずお)さんではないでしょうか。

というのは、檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、直木賞を受賞した『真説石川五右衛門』『長恨歌』など数々の名著を残しているからです。

ここでは、檀ふみさんの父親である檀一雄さんと父親・檀一雄さんを支えた2人の母親について、ご紹介します

(1)檀ふみの父親は大作家・檀一雄

もともと檀ふみさんの家系は現在の福岡県柳川市出身でしたが、檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、父親の仕事(図画教員)の関係で、1912年(大正元年)に山梨県で生まれています。

高校時代から小説を書き始め、同人誌の製作に携わったり、小説や詩などの作品を発表していた檀一雄さんは、1932年(昭和7年)、東京帝国大学経済学部(現在の東京大学)に進学します。

1936年(昭和11年)には『夕張胡亭塾景観』が第2回芥川賞候補になるなど頭角を現しはじめた檀一雄さんは、日中戦争により軍に招集され大陸にも出征しましたが、帰国後の1942年(昭和17年)福岡の開業医の娘である高橋律子さんと結婚しました。

翌1943年(昭和18年)には長男・太郞さんが生まれましたが、1946年(昭和21年)妻・律子さんは腸結核により亡くなってしまいます。

しかし、同年檀一雄さんは福岡の酒造家の娘・山田ヨソ子さんと再婚し、このヨソ子さんが檀ふみさんの母親になります。

山田ヨソ子さんと再婚後、上京した檀一雄さんは東京都練馬区の石神井公園の近くに住み始めます。

その後、1951年(昭和26年)に『真説石川五右衛門』『長恨歌』の2作品で直木賞受賞を果たした檀一雄さんに、1954年(昭和29年)長女・ふみさんが生まれます

檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、「無頼派」と呼ばれる既成の近代文学に批判的な作風を持った作家の1人として知られ、「最後の無頼派」と言われています。

檀一雄さんは、多くの賞を受賞し、数多くの名作を残していますが、太宰治(だざいおさむ)や坂口安吾(さかぐちあんご)など高名な作家と交流を持っていたことから、一目置かれた存在であったのではないでしょうか。

また、檀一雄さんは、連作『リツ子・その愛』『リツ子・その死』(1950年)や『火宅の人』(1961~75年)といった亡き妻(律子さん)や愛人について描いた小説を発表している点も特徴的です。

『火宅の人』は、1976年(檀一雄さんの死後)に第8回日本文学大賞及び第27回読売文学賞小説賞を受賞しており、1986年にこの作品が映画化された際には、娘・檀ふみさんが主人公・桂一雄(檀一雄がモデル)の母親役を演じています。

そんな檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、1975年、肺ガンを患い、翌1976年1月に63歳の若さで亡くなっています

(2)檀ふみの母親はどんな人?父親・檀一雄には2人の妻がいた!?

檀ふみさんの父親・檀一雄さんには2回の結婚歴があり、1人目の妻・律子さんとの間に長男・太郞さんを儲けましたが、結婚後わずか3年で死別しています。

檀ふみさんの母親は、檀一雄さんが前妻の律子さんと死別した1946年(昭和21年)に再婚したヨソ子さんになります。

ヨソ子さんは夫・檀一雄さんが亡くなるまでの30年間、夫に寄り添いましたが、夫が愛人について描いた『火宅の人』を発表したことで、大変苦しんだのではないでしょうか。

檀ふみさんも、そういう母親の姿を見ていたので、心を痛めていたのかもしれません。

そんな檀ふみさんの母・檀ソノ子さんは、夫・檀一雄さんが亡くなってから39年後の2015年4月に腸閉塞のため、92歳で亡くなっています

2.檀ふみに兄弟姉妹はいるの?

檀ふみさんの父親・檀一雄さんと後妻・ヨソ子さんの間には、4人の子供が生まれています。

前妻・律子さんの子供である長男・檀太郞(だんたろう)さんを加えると、檀一雄さんの子供は5人いることになります。

5人兄弟の内訳は、

  • 長男檀太郞さん、前妻・律子さんの子供)
  • 次男(後妻・ヨソ子さんの子供、以下同じ)
  • 三男
  • 長女檀ふみさん
  • 次女

となり、檀ふみさんは5人兄弟の4番目の子供で長女になります。

5人兄弟の中で、著名なのは長男・檀太郞さんと長女・檀ふみさんの2人ですが、あとの3人は一般人です。

しかし、次男・檀次郎さんは、5歳のときに日本脳炎にかかっており、わずか14歳で亡くなっています。

長男・檀太郞さんは、エッセイスト、CMディレクターとして活躍しています。

エッセイストとしては、文壇を代表する料理人として知られ、友人や編集者を自宅に招いて、料理を振る舞っていたという父親・檀一雄さんの遺志を継いで、『檀流ワイルドクッキング』(1983)などのエッセイの出版や講演活動をしています。

もともと檀太郞さんは、若い頃いくつかの挑戦をしており、俳優座養成所に入り俳優を志したり、南米を放浪したりしていました。

その後、大手広告代理店に入社して、CMディレクターになっています。

3.まとめ

この記事では、檀ふみさんの家族について、父親は大作家というのは本当か、母親はどんな人か、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにしてきました

檀ふみさんの父親は、偉大な作家・檀一雄さんだったことを知らなかった人もいれば、檀ふみさんが二世芸能人だったことに驚いた人もいたのではないでしょうか。

更に、檀一雄さんには2人の妻がいましたが、前妻・律子さんが早世し後妻・ヨソ子さんと再婚したため、檀ふみさんが生まれました。

檀ふみさんは、5人兄弟の4番目の長女だということもわかりました。

また、次男・檀次郎さんが亡くなったとき、檀ふみさんは10歳くらいだったので、とてもつらい思いをしたのではないでしょうか。

檀ふみさんの今後益々のご活躍を期待しています。

檀ふみの年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等経歴、自宅は豪邸って本当!?

出典:https://ameblo.jp/

檀ふみ(だんふみ)さんといえば、数々のドラマや映画に出演し活躍してきた名女優として知られています。

最近では、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でナレーションを務めたほか、TBS系ドラマ『陸王』『初めて恋をした日に読む話』に出演し、安定した演技を披露しています。

更に2019年5月10日から公開される、水谷豊(みずたにゆたか)さんが監督を務めた映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』にも出演しています。

そこで、この記事では檀ふみさんがどんな人なのかを、年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等経歴をご紹介するとともに、檀ふみさんの自宅が豪邸って本当なのかについてご説明することによって、明らかにします

1.檀ふみの年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等プロフィール及び経歴

名前:檀ふみ(だんふみ)

本名:檀ふみ(だんふみ)

生年月日:1954年6月5日現在の年齢:64歳

出身地:東京都練馬区

身長:170cm

血液型:A型

星座:ふたご座

学歴

出身中学校:東京学芸大学附属大泉中学校(東京都練馬区)

出身高校:東京教育大学附属高校(現・筑波大学附属高校)

出身大学:慶應義塾大学経済学部

所属事務所:檀ふみ事務所

(1)檀ふみは名女優!!父親は偉大な作家だった

檀ふみさんの父親は直木賞作家として知られる檀一雄(だんかずお)さんで、檀ふみさんは檀一雄さんの長女として生まれています。

【関連記事】
檀ふみの家族とは?父親は大作家!?母親はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

檀ふみさんの芸能界デビューは、1972年に公開された高倉健(たかくらけん)さん主演の映画『昭和残侠伝 破れ傘』での映画デビューでした。

当時高校生だった檀ふみさん自身は映画デビューするつもりはなかったようですが、父・檀一雄さんと映画プロデューサーの策略により東映京都撮影所へ連れていかれ、主演の高倉健さんに会ったことが、映画デビューするきっかけとなりました。

要するに、当時の檀ふみさんが高倉健さんに惹かれてしまったため、映画デビューすることになったのです。

意外なことに、父・檀一雄さんは娘・檀ふみさんの芸能界デビューには賛成だったようですね。

その後、檀ふみさんは数多くのテレビドラマや映画に出演しており、『青春の蹉跌』(1974年)、『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(第18作、1976年)、『火宅の人』(1986年)などに出演したほか、『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(第42作、1989年)ではマドンナ役を演じています。

檀ふみさんは1993年公開の映画『わが愛の譜 滝廉太郎物語』では、第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しています。

また、映画『火宅の人』の原作は、檀ふみさんの父・檀一雄さんの長編小説であり、父の原作に娘・檀ふみさんが出演した形です。

(2)檀ふみの才能は父親譲りだった!?

檀ふみさんの才能は女優としてだけでなく、長きに渡ってお茶の間の人気を博したNHKのクイズ番組『連想ゲーム』の解答者としても発揮されました。

檀ふみさんは、映画デビューした翌年から15年間にも渡って名解答者として活躍しました。

更に檀ふみさんの大活躍の場として忘れてはならないのがエッセイストとしての顔です。

最も有名なのが、エッセイスト・小説家・女優など多くの肩書きを持つ阿川佐和子(あがわさわこ)さんとの共著『ああ言えばこう食う』です。

『ああ言えばこう食う』は1998年に出版されましたが、第15回講談社エッセイ賞を受賞しています。

檀ふみさんは阿川佐和子さんの1歳年下の大親友で、この2人には「父親が作家である」「父親が東京帝国大学の先輩・後輩である」という共通点があります。

檀ふみさんの著作には、『ほろよいかげん』(1985年)、『ありがとうございません』(1998年)、『まだふみもみず』(2000年)、『どうもいたしません』(2004年)、『父の縁側、私の書斎』(2004年)などがあります。

こうしたエッセイストとしての才能は、偉大な作家だった父・檀一雄さんの才能を受け継いでいるのではないでしょうか

2.檀ふみの自宅は豪邸だった!?

檀ふみさんは、東京都練馬区の石神井公園の近くにある実家に暮らしていたようです。

この自宅は、檀ふみさんの父・檀一雄さんが建てた家で、大作家にふさわしく豪邸だったそうです。

父・檀一雄さんは、高名な太宰治(だざいおさむ)、井伏鱒二(いぶせますじ)、中原中也(なかはらちゅうや)などとも交流があったと言いますから、本当に偉大な作家だったのです。

それほど偉大な作家である檀一雄さんであれば、その自宅が豪邸だったとしても納得してしまいます。

実は檀ふみさんは現在もなぜか独身なのですが、長年実家で暮らしていたそうです。

しかし、そんな住み慣れた自宅も区画整理に伴い、取り壊され立て直すことになりました。

自宅が取り壊された後も、近くのマンションで暮らすことになったという檀ふみさんですが、マンション暮らしは初体験だったそうです。

長年の実家暮らしだったお嬢様が、初めてマンションでひとり暮らしとなると不便なことが多そうな気がしますが、実際はどうだったのでしょうか?

3.まとめ

この記事では、檀ふみさんがどんな人なのかを、年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等経歴をご紹介するとともに、檀ふみさんの自宅が豪邸って本当なのかについてご説明することによって、明らかにしてきました

檀ふみさんが名女優であることはよく知られていますが、檀ふみさんの父親が偉大な作家であることを知っている人は、意外と少ないかもしれません。

檀ふみさんはエッセイストとしても知られていますが、エッセイストとしての才能は遺伝によるものだったのですね。

そんな檀ふみさんが暮らしていた自宅は、父・檀一雄さんと暮らした豪邸でした。

その思い出の詰まった豪邸も区画整理により、取り壊されることになりました。

初めてのマンション暮らしを始めた檀ふみさんの暮らしぶりがどうだったのか、非常に気になるところです。

檀ふみさんの今後益々のご活躍を期待しています。

ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)、大学時代は暗黒時代だった!?

出典:https://www.zakzak.co.jp/

ホラン千秋(ホランちあき)さんといえば、今や女性キャスターとしてすっかりお馴染みとなりましたが、もともとは女優としてデビューしています。

そんなホラン千秋さんが女性キャスターとして活躍できているのは、その学歴(出身中学校・高校・大学)に秘密があるかもしれません。

そこでこの記事では、ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介するとともに、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという噂は本当かどうかについて明らかにします

1.ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)及び偏差値は?

ホラン千秋さんは、アイルランド人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフですが、東京都多摩市で生まれ育っています。

【ホラン千秋さんの関連記事】
ホラン千秋の年齢・身長・本名等経歴、どこの国のハーフで国籍は?

そのため、日本の中学校・高校・大学に通って卒業しています。

ホラン千秋さんは、どのような学歴(出身中学校・高校・大学)の持ち主なのでしょうか。

ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)及び偏差値をまとめると次のとおりです。

  • 出身中学校多摩市立豊ヶ丘中学校(東京都多摩市、現在の多摩市立青陵中学校)
  • 出身高校東京都立国際高校(東京都目黒区、偏差値:68
  • 出身大学青山学院大学文学部英米文学科偏差値:60

ホラン千秋さんの出身中学校は地元の多摩市立豊ヶ丘中学校ですが、2008年に多摩市立貝取(かいどり)中学校と統合して多摩市立青陵中学校になっていますので、現在多摩市立豊ヶ丘中学校は存在していません。

中学時代、吹奏楽部に所属していたというホラン千秋さんはもともとフルートをやりたかったようですが、結局クラリネットを担当しています。

高校・大学へ進学する際、ホラン千秋さんは自身がアイルランド人とのハーフであり、英語が得意であることを存分に生かした高校選び、大学選びをしています。

というのは、ホラン千秋さんが進学したのは、東京都立高校の中で唯一国際学科が設置され、高い英語力が必要とされる東京都立国際高校だったからです。

ただ、ホラン千秋さんが当初進学を希望していたのは、東京都立国立(くにたち)高校だったのですが…

更に大学受験でホラン千秋さんが進学したのは、青山学院大学文学部英米文学科です。

青山学院大学在学中、ホラン千秋さんは2009年度「学業奨励賞」を受賞しているほか、オレゴン州立大学へ1年間留学しており、舞台を専攻しています。

以上のように、ホラン千秋さんの学歴は実に華麗なものであり、ニュースキャスターとしての見事な活躍ぶりもこの学歴を見れば納得できるのではないでしょうか

2.ホラン千秋の高校・大学時代は暗黒時代だった!?

既にご紹介したとおり、ホラン千秋さんの学歴は素晴らしいものがあり、十分に誇れるものだと思いますが、ホラン千秋さん自身はそのようには考えていないようです。

というのは、ホラン千秋さんが高校・大学時代は暗黒時代だったと考えているという噂があるのです。

調べてみると、2018年5月5日放送のTBS系トーク番組『サワコの朝』において、ホラン千秋さんは高校・大学時代を含めた期間を暗黒時代として振り返っていました

では、どうしてこのような輝かしい学歴の持ち主にもかかわらず、ホラン千秋さんは高校・大学時代を暗黒時代だと思っているのでしょうか。

ホラン千秋さんは、中学生の時に芸能事務所アミューズのオーディションに合格して、2005年2月から放送開始されたスーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系)の敵キャラ役でドラマデビューを果たしています。

このドラマでの活躍ぶりから、ホラン千秋さんにはこれからどんどん仕事が増える一方だと思われましたが、その後ホラン千秋さんはオーディションに落ち続け、あっという間に10年の歳月が経ってしまったのです。

このようにオラン千秋さんにとって芸能界にいながら仕事がまったくなかった時期と高校・大学時代が重なってしまったことから、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという印象が強いのかもしれません。

実際ホラン千秋さんは、どうしてこの大学に毎日行かなければならないのかと悩んでいたようですし、大学時代サークル活動をしていなかっただけでなく、学園祭にも参加したことがなかったようです。

大学時代ホラン千秋さんにとって、最も重要だったのは芸能界でいかに仕事を獲得して、活躍することができるかということだったのです。

更にホラン千秋さんは大学時代の米国への留学をきっかけに、テレビを通して人に何かを伝えることができるアナウンサーやテレビ番組制作の仕事をしたいと思ったようです。

そのため、就職活動の際には、民放キー局のアナウンサー試験に挑戦したものの全滅してしまい、結局その後もフリーター生活を余儀なくされました

しかし、そんなホラン千秋さんが、その数年後日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されたのをきっかけに、大ブレイクしていくとは本当に皮肉なものです。

3.まとめ

この記事では、ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介するとともに、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという噂は本当かどうかについても明らかにしてきました。

やっぱりホラン千秋さんの学歴は優秀なもので、アイルランド人とのハーフであり、英語が得意であることを生かした高校・大学に進学しています。

現在ではキャスターをメインに、多くのテレビ番組でも大活躍しているホラン千秋さんですが、大ブレイクするまでには、10年に及んだ暗黒時代があったということです。

そういう苦しい期間があったからこそ、現在のホラン千秋さんがあるのだと思います。

ホラン千秋さんの今後更なるご活躍を期待しています。

ホラン千秋の年齢・身長・本名等経歴、どこの国のハーフで国籍は?

出典:https://mainichi.jp/

ホラン千秋(ホランちあき)さんといえば、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されて以来、多くの報道・情報番組やバラエティ番組でキャスター・MCとして大活躍しているほか、女優としても活躍しています。

現在はTBS系報道・情報番組『Nスタ』のキャスターとして、夕方のニュース番組の顔としても知られています。

そんなホラン千秋さんは、2018年テレビ番組出演本数ランキング・女性タレント部門(ニホンモニター調べ)で、2年連続の3位にランクインしており、現在もなお引っ張りだこの状態。

そこで、この記事ではホラン千秋さんがどんな人なのかを、年齢・身長・本名等プロフィール及び経歴をご紹介するとともに、どこの国のハーフで国籍はどこなのかをご紹介することによって、明らかにします。

1.ホラン千秋の本名・年齢・身長等プロフィール

名前:ホラン千秋(ホランちあき)

本名:ホラン千秋(ホランちあき)

生年月日:1988年(昭和63年)9月28日(2019年5月現在の年齢:30歳

出身地:東京都多摩市

身長:160cm

体重:40kg台前半(推定)

血液型:A型

星座:てんびん座

趣味:写真を撮ること・歌うこと

特技:英語(ネイティブ)・料理(特にお菓子)、折り紙

出身中学校:多摩市立豊ヶ丘中学校(東京都多摩市、現多摩市立青陵中学校)

出身高校:東京都立国際高校(東京都目黒区)

出身大学:青山学院大学文学部英米文学科(青学在学中、オレゴン州立大学へ1年間の留学経験あり)

所属事務所:アミューズ

【ホラン千秋さんの関連記事】
ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)、大学時代は暗黒時代だった!?

2.ホラン千秋の経歴

(1)ホラン千秋には約10年に及んだ下積み時代があった

ホラン千秋さんはハーフであるものの、日本生まれの日本育ち。

そんなホラン千秋さんは、友達の母親の勧めで5歳のときキッズモデルとしてデビューしています。

更に中学生のときには、自身の母親の勧めで芸能事務所アミューズのオーディションを受けて、見事合格

もともと女性4人組ダンス&ボーカルグループ「SPEED(スピード)」や「モーニング娘。」に憧れていたというホラン千秋さんは、女優として新たにスタートを切りました。

2005年2月から放送されたスーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系)でドラマデビューを果たしたホラン千秋さんでしたが、その後目立った活躍ができずに約10年に及ぶ下積み時代を経験することになります。

(2)ホラン千秋がブレイクしたきっかけとは?

長い下積み時代を経験したホラン千秋さんがブレイクしたきっかけは、意外なことにデビュー以来のロングヘアをショートカットにイメチェンしたことでした。

確かにホラン千秋さんといえば、ショットカットのイメージが強く、ロングヘアのイメージはほとんどないのではないでしょうか。

ホラン千秋さんが、どうしてそれまでのロングヘアをバッサリ切ったのかというと、2011年7~9月放送のドラマ『陽はまた昇る』(テレビ朝日系)の役作りのためだったと言います。

すると、ホラン千秋さんは、2011年10月からTBSの経済・情報番組『ビジネスクリック』の月曜ナビゲーターを担当することになり、翌2012年4月からは日本テレビ系ニュース番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されました。

これを契機に、ホラン千秋さんの元には、情報番組やバラエティ番組などのオファーが次々と来るようになります。

ついには、「THE BEAUTY WEEK AWARD 2014」ショートヘアスタイル部門を受賞したホラン千秋さんは、その授賞式でショートカットにする前の10年に及んだ下積み時代について、「あの10年がなかったら今の自分はない」と振り返っていました。

このようなきっかけでブレイクしたホラン千秋さんは、髪を伸ばすつもりはないと語っています。

3.ホラン千秋はどこの国のハーフで国籍は?

ホラン千秋さんはその名前からわかるようにハーフですが、「ホラン」という名前はめずらしいですよね。

どこの国のハーフかというと、アイルランドです。

つまり、ホラン千秋さんは、アイルランド人の父親と日本人の母親との間に生まれたハーフなのです。

ちなみに、アイルランドは海を隔ててイギリスの左隣りにある北西ヨーロッパにある国で正式名はアイルランド共和国と言います。

次にホラン千秋さんの国籍ですが、ホラン千秋さんはアイルランド人と日本人のハーフであるものの、日本生まれの日本育ちであることから、国籍は日本だと思われます。

ただし、ホラン千秋さん本人は、東京都多摩市で生まれ育っていることから、自分がハーフだということはほとんど意識していないようです。

確かにホラン千秋さんが英語を話している姿を見ることは少ないですし、しっかりした日本語を話していますから、日本人というイメージが強いですよね。

4.ホラン千秋の本名の由来とは?

「ホラン千秋」という名前は本名ですが、「千秋」と名付けたのはアイルランド人の父親だそうです。

「ホラン千秋」という本名は、アイルランド人の父親が「時の長さを表す言葉」である「千」を気に入ったことから「千」、既にご紹介したとおりホラン千秋さんは9月(秋)に生まれたことから「秋」にしたことに由来しています。

そのため、「ホラン千秋」と名付けられました。

また、ヨーロッパ諸国では、姓と名の間に「ミドルネーム」を付けるのが一般的なのですが、ホラン千秋さんには「ミドルネーム」は付いていません。

実はアイルランド人の父親が娘であるホラン千秋さんへのある思いから、あえてミドルネームを付けなかったのです。

というのは、ミドルネームを付けることで娘であるホラン千秋さんがいじめられるのではないかと懸念していたからだと言います。

そのため、ホラン千秋さんの両親は、ミドルネームに付けずにホラン千秋さんの出生届を出したのです。

5.まとめ

この記事では、ホラン千秋さんがどんな人なのかを、年齢・身長・本名等プロフィール及び経歴をご紹介するとともに、どこの国のハーフで国籍はどこなのかをご紹介することによって、明らかにしてきました。

今ではテレビで見ない日はないというくらいの活躍ぶりを見せているホラン千秋さんですが、10年にも及ぶ下積み時代があったのは意外だったのではないでしょうか。

ハーフとは思えないくらい日本語を使いこなし、キャスターとしてホラン千秋さんの才能が開花したのは、この下積みの10年があったからだと思います。

ホラン千秋さんの今後益々のご活躍を期待しています。

米倉涼子の家族に医者がいる!?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://music.oricon.co.jp/

米倉涼子(よねくらりょうこ)さんといえば、主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズが高視聴率を獲得したことから、すっかりお茶の間の人気者になりました。

米倉涼子さんが『ドクターX~外科医・大門未知子~』に続き、主演するドラマが、2018年10月11日木曜21時からスタートする『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子(たかなししょうこ)~』です。

そんな米倉涼子さんの家族には医者がいるという噂がありますが、米倉涼子さんの家族はどんな人たちなのでしょうか。

そこで、この記事では米倉涼子さんの家族に医者はいるのか、両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟姉妹はいるのかについてご紹介します。

1.米倉涼子の家族に医者がいた!?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://www.excite.co.jp/

2012年からスタートしたテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』において、米倉涼子さんは主演を務め、主人公・大門未知子(だいもんみちこ)を演じて、高視聴率を獲得したことから、米倉涼子さんにとってこの作品は代表作となりました。

そんな米倉涼子さんの家族には、医者がいました。

米倉涼子さんの祖父は、なんと医者だったのです。

そのため、米倉涼子さんも医者を志したことがあったそうですが、芸能界入りして女優となり、成功を収めました。

祖父が医者だったことが、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』で米倉涼子さんが演じた外科医・大門未知子が当たり役になった要因の1つかもしれません。

米倉涼子さんの家族は、両親(父親、母親)、弟、米倉涼子さんの4人家族です。

しかし、米倉涼子さんの父・米倉保美(よねくらやすみ)さんは、2005年に57歳で亡くなっています。

父・米倉保美さんは大学時代、ゴルフ部に所属しており、生前は東京都内のホテルで働いていました。

米倉涼子さんの母親は英語教師をしており、米倉涼子さんも習っていたことから、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』で成功できた要因の1つかもしれません。

更に米倉涼子さんの母親はフルートも習っており、さまざまな舞台で披露しています。

米倉涼子さんの4歳年下の弟は、身長180cm以上のイケメンで、姉・米倉涼子さんと同じ神奈川県立旭高校出身です。

現在、米倉涼子さんの弟は、ドイツのスポーツ用品メーカーとして知られる「アディダス」の社員です。

米倉涼子さんと弟の姉弟仲はとっても良いようで、喧嘩することはなく、一緒に飲みに行くこともあるそうです。

米倉涼子さんの実家は資産家という噂がありましたが、祖父が医者で父がホテルマンですから、それなりの資産家でお金持ちなのかもしれません。

2.まとめ

この記事では、米倉涼子さんの家族に医者はいるのか、両親(父親・母親)はどんな人で兄弟姉妹はいるのかについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

外科医・大門未知子役を演じた米倉涼子さんの祖父が医者だったことは大変興味深いですし、運命的なものを感じてしまいますね。

ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の中では、主人公・大門未知子の家族は出てきませんが、米倉涼子さんは4人家族の長女でした。

米倉涼子さんの父親は若くして亡くなっていますが、残された3人の家族は仲良くやっているようです。

米倉涼子さんとご家族の幸せを祈っております。

米倉涼子の年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴は?本当はどんな性格?【画像あり】

出典:https://dot.asahi.com/

米倉涼子(よねくらりょうこ)さん主演の新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』が、2018年10月11日木曜21時から始まります。

米倉涼子さん演じる「小鳥遊翔子」の読み方は、「たかなししょうこ」になります。

これまで毎週木曜21時放送の米倉涼子さん主演のドラマといえば、言わずと知れた『ドクターX~外科医・大門未知子~』でしたが、テレビ朝日、米倉涼子さんの新たな挑戦として、新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』がスタートすることになりました。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』の5シリーズは、高視聴率を維持してきた(1:19.1%、2:23.0%、3:22.9%、4:21.5%、5:20.9%)だけに、新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の初回視聴率が大変注目されています。

そこで、この記事では米倉涼子さんがどんな人なのかを、米倉涼子さんの年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴や本当はどんな性格なのかをご紹介することによって、明らかにしたいと思います。

1.米倉涼子の年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等プロフィール及び経歴とは?【画像あり】

出典:https://www.asahi.com/

名前:米倉涼子(よねくらりょうこ)

生年月日:1975年8月1日(現在の年齢:43歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:168cm

体重:45kg

スリーサイズ:B84-W58-H85cm

血液型:B型

星座:しし座

特技:クラシックバレエ

愛読書:クリスチャン・ジャック著『太陽の王ラムセス』

<学歴>

出身中学校:横浜市立南希望が丘中学校(横浜市旭区)

出身高校:神奈川県立旭高校(横浜市旭区)

所属事務所:オスカープロモーション

2.米倉涼子の名前の由来と生い立ちとは?【画像あり】

出典:https://chicks-talk.com/

米倉涼子さんの「涼子」という名前の由来については、米倉涼子さん本人が明らかにしています。

米倉涼子さんは、1975年8月1日に神奈川県横浜市に生まれていますが、その日はものすごく暑い日だったため、名前だけでも涼しくしようということで両親から「涼子」と名付けられたと語っています。

小中学校、高校まで地元・横浜で過ごしたという米倉涼子さんは、5歳から15年間、クラシックバレエに打ち込んでいました。

神田うの(かんだうの、一学年上)さんとは、地元が近かった(神奈川県川崎市出身)ことから、中学1年生の時に横浜のバレエ教室で一緒にレッスンを受けていたことがあります。

米倉涼子さんは高校卒業後、英語の専門学校か、ペットトリマーの専門学校に進学したいと思っていました。

3.米倉涼子は、本当はどんな性格?【画像あり】

出典:https://news.biglobe.ne.jp/

米倉涼子さんは、ドラマの中では「私、失敗しないので」「いたしません」と強気一辺倒の外科医・大門未知子を演じていますが、本当は暗い性格で、自信など持ったことがないと自身で語っています。

2004年10~12月放送の『松本清張 黒革の手帖』で米倉涼子さんと出会い、連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』でもゼネラルプロデューサーを務めているテレビ朝日の内山聖子(うちやまさとこ)さんは、米倉涼子さんの性格を「もの凄く小心者」ですが、繊細さと大胆さを持ち合わせていて、それが彼女の強さであり、良いところでもあると分析しています。

米倉涼子さんといえば、悪女役が印象的で、姉御肌のイメージが強いですが、米倉涼子さん自身は悪女ではなく、姉御肌でもなく、相談を受けることはほとんどないと言います。

ゼネラルプロデューサーの内山聖子さん曰く「姉御肌というより、甘えっ子」だそうです。

また、米倉涼子さんは、仕事に対して、ストイックすぎるというくらい努力を惜しまない性格のようです。

ストイックだからこそ、2012年7月に上演した全編英語のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』を成功させることができたのだと思います。

4.米倉涼子、モデルデビューから大人気女優へと駆け上がる!!【画像あり】

出典:https://www.zakzak.co.jp/

1992年、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞したことをきっかけに、翌1993年にモデルデビューした米倉涼子さんは、1995年に女性ファッション誌『CanCam』(キャンキャン、小学館)の専属モデルとなり活躍しましたが、1999年に卒業しています。

1999年6月30日、米倉涼子さんは「女優宣言」を発表し、女優として活躍する決意をしています。

2000年1~3月放送のTBS系連続ドラマ『恋の神様』で、女優としてデビューした米倉涼子さんにとって、転機になったのは、2001年7~9月に放送されたフジテレビ系連続ドラマ『非婚家族』に出演し、主演の真田広之(さなだひろゆき)さんと共演したことでした。

真田広之さんといえば、子役としてデビュー後、アクションスターとして活躍し、演技派俳優として日本国内で数多くの映画やドラマで活躍したあと、世界進出し、今やハリウッドで活躍している日本を代表する大物俳優です。

ちなみに、真田広之さんが日本の地上波のテレビドラマに出演したのは、今のところ、この『非婚家族』が最後となっています。

この連ドラ『非婚家族』で、米倉涼子さんは真田広之さんと再婚した妻役を演じましたが、真田広之さんに芝居を教えてもらいました。

米倉涼子さんは芝居を熱心に教えてくれる真田広之さんの姿を見て、「真田広之さんのような芝居が好きな役者になりたい」と決意しました。

この決意を裏付けるかのように、米倉涼子さんは2002年4~6月放送のフジテレビ系連続ドラマ『整形美人。』において、連ドラ初主演を果たすと、翌2003年にはNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』への出演が決まり、NHK大河ドラマ初出演を果たしています。

それ以来、米倉涼子さんは女優として、数多くのドラマや映画で大活躍していますが、中でも代表的なドラマとしてはテレビ朝日系「米倉涼子×松本清張 3部作」が挙げられます。

テレビ朝日系「米倉涼子×松本清張 3部作」とは、連続ドラマ『松本清張 黒革の手帖』(2004年10~12月)、『松本清張 けものみち』(2006年1~3月)、『松本清張 わるいやつら』(2007年1~3月)のことで、米倉涼子さんは3作とも主演を務めるとともに、3作とも悪女を演じ、演技の幅を広げています。

5.米倉涼子、舞台でも活躍し念願のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』で主演!!

米倉涼子さんは舞台での活躍も目覚ましく、初舞台を踏んだのは2006年10月に明治座で上演された舞台版『黒革の手帳』で、主演を務め好評を博しました。

2009年5月には再び明治座で「松本清張生誕100周年記念」として、再演されています。

2008年には、米倉涼子さんの代表作となるミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』日本版に主演します。

ミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』は、米倉涼子さんにとって初主演のミュージカルとなりましたが、もともと大好きな作品だったため、いつか演じてみたいと自身で語っていました。

2012年には、米倉涼子さんが長年夢見ていた米ニューヨークのブロードウェイミュージカル『CHICAGO』の主演に抜擢され、日本での発表記者会見では、涙を流しました。

米倉涼子さん主演のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』は、2012年7月に上演されましたが、アジア人がアメリカ人役を演じるのは、ブロードウェイ史上初めてのことでした。

また、全編英語の舞台だったため、米倉涼子さんは舞台の稽古と平行して、英語レッスンにも取り組みました。

この舞台をきっかけに、米倉涼子さんの英語は飛躍的に上達し、『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第4弾で、初の海外ロケでニューヨークを行った際には、通訳を務めたほどです。

6.まとめ

この記事では、米倉涼子さんがどんな人なのかを、米倉涼子さんの身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴や本当はどんな性格なのかをご紹介することによって、明らかにしてきました。

タイトルの『ドクターX~外科医・大門未知子~』と『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を比べてみると、タイトルの並び方がよく似ていますよね。

何か狙いがあるのかどうかはわかりませんが、米倉涼子さんが演じる主人公は、外科医から元弁護士に変わります。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』で米倉涼子さんが演じた外科医は医師免許を持っていましたが、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』では、資格を剥奪された元弁護士を演じます。

この設定だけでも期待してしまいますが、どのようにストーリーが展開されていくのか、とても楽しみです。

米倉涼子さんの今後更なるご活躍を期待すると共に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を楽しみにしています。

井本彩花はどんな人?身長・体重・年齢等経歴【画像あり】、出身小中学校はどこ?高校は東京?家族、両親(父親・母親)、兄弟は?

典:https://www.j-cast.com/

井本彩花(いもとあやか)さんをご存知でしょうか。

井本彩花さんは、2017年8月8日に30周年記念大会として開催された第15回『全日本国民的美少女コンテスト』で、15代目グランプリを獲得した「国民的美少女」なんです。

井本彩花さんは、まさに「正統派美少女」というルックスを持ち、クラシックバレエが得意な14歳の中学2年生です。

そんな井本彩花さんが、2017年12月7日(木)に放送される、米倉涼子(よねくらりょうこ)さん主演の大人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第9話で女優デビューを果たします。

そこで、この記事では、井本彩花さんはどんな人なのかを、身長・体重等経歴、出身小中学校はどこで、高校は東京へ行くのか、家族、両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟はいるのかについて、画像とともにご紹介することによって、明らかにしたいと思います。

1.井本彩花はどんな人?身長・体重・本名・年齢等プロフィール及び経歴【画像あり】

出典:https://news.biglobe.ne.jp/

名前:井本彩花(いもとあやか)

本名:井本彩花(いもとあやか)

ニックネーム・あだ名・愛称:いもりん、あやや

生年月日:2003年10月23日(現在の年齢:14歳、中学2年生)

出身地:京都府

身長:162.5cm(現在も成長中)

体重:40kg台後半(推定)

スリーサイズ:B78cm W65.5cm H88.5cm

足のサイズ:23.5cm

血液型:A型

星座:てんびん座

趣味:クラシックバレエ(小学1年生の時から)

特技:クラシックバレエ

好きな食べ物:まぐろ(の赤身)、キュウリ(の一本漬け)、和食

嫌いな食べ物:紅茶、抹茶

好きな科目:数学

好きな歌手:絢香(あやか)、乃木坂46欅坂46

好きな季節:秋

好きな色:ピンク、黄色

所属事務所:オスカープロモーション

2.井本彩花、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』グランプリを受賞し、芸能界デビュー【画像あり】

出典:https://www.jiji.com/

井本彩花さんは、2017年で30周年を迎え、2017年8月8日に開催された第15回『全日本国民的美少女コンテスト』において、8万150人の応募者の中から、見事15代目グランプリを受賞し、頂点に立ちました。

全日本国民的美少女コンテスト』といえば、米倉涼子(よねくらりょうこ)さん(第6回(1992年):審査員特別賞)や上戸彩(うえとあや)さん(第7回(1997年):審査員特別賞)などの名女優を輩出していることで知られています。

3.井本彩花が「女優になりたい」と思ったきっかけとなった女優とは?【画像あり】

出典:https://beamie.jp/

そもそも、井本彩花さんが「女優になりたい」と思ったのは、小学4年生のときに、ある女優さんを見て、憧れたことがきっかけだったと言います。

その女優さんとは、同じ『全日本国民的美少女コンテスト』出身の先輩である武井咲(たけいえみ)さんです。

武井咲さんは、2006年の第11回で、マルチメディア賞及びモデル部門賞を受賞しています。

井本彩花さんは、イオンのテレビCMを見て、出演していた武井咲さんが、笑顔が素敵で、とてもキレイな女優さんだったことから、「武井咲さんのような女優になりたい」と思ったそうです。

そんな井本彩花さんは、グランプリ受賞後、憧れの武井咲さんに会う機会があり、武井咲さんから「受賞おめでとう」と言われ、舞い上がってしまったそうです。

井本彩花さんが、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』に出場することを勧めてくれたのは、「女優になりたい」という娘の気持ちを知っていた母親だったと言います。

コンテスト出場を勧めた母親も、娘の井本彩花さんがグランプリを受賞するとは思っていなかったようです。

4.井本彩花にとって、クラシックバレエとは?

井本彩花さんが、クラシックバレエを始めたのは小学1年生の時のことで、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』のグランプリを受賞したあとも、続けています。

井本彩花さんはもともと、人見知りの激しい女の子だったそうですが、クラシックバレエを始めると、コンクールや発表会の舞台に立つことが多くなったことから、人見知りを克服したそうです。

実際、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』のとき、井本彩花さんは全然緊張しなかったと語っていますから、人見知りを克服しただけでなく、物怖じしない性格を身に着けたようです。

井本彩花さんは本当にクラシックバレエが大好きらしく、芸能活動を続けながら、クラシックバレエも学業も平行してこなしていきたいと語っています。

井本彩花さんのスタイルの良さも、クラシックバレエのおかげに違いありません。

5.井本彩花、憧れの女優になるべく、第一歩を踏み出し奮闘中!!

井本彩花さんが、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリを受賞してから、約4か月が経過していますが、井本彩花さんは、憧れの女優になるべく、日々レッスンを積んでいます。

現在の井本彩花さんは、地元の中学校へ通いながら、週末は新幹線で上京して、レッスンをこなすという、忙しい日々を送っています。

ウォーキング、ダンス、演技などのレッスンをこなしている井本彩花さんですが、中でも、演技のレッスンがとても楽しいそうで、演技することに抵抗はなく、自分では言わないようなセリフを言うのが、大変面白いようです。

そんな井本彩花さんがやってみたいドラマは、自分が中学生ということもあって、学園モノのドラマで、自分とは違う元気な生徒役を演じてみたいのだそうです。

6.井本彩花が、早くも女優デビュー!!『ドクターX』で大先輩・米倉涼子と初共演を果たす!!

井本彩花さんが早くも女優デビューすることが決まりました。

しかも、デビューする作品は、同じ事務所の大先輩・米倉涼子さん主演の大人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)です。

井本彩花さんが演じるのは、13歳のバレエ少女・九重遥(ここのえはるか)役で、2017年12月7日(木)放送の第9話に出演する予定です。

自分と同じバレエ少女・九重遥役を演じることになった井本彩花さんは、初めて台本を読んだ時、「私に似てるな」と思ったそうです。

第15回『全日本国民的美少女コンテスト』グランプリを受賞した井本彩花さんと米倉涼子さんの共演シーンもさることながら、得意のバレエを踊るシーンを披露している井本彩花さんも必見です。

井本彩花さんは、2017年11月18日付けの自身のオフィシャルブログにおいて、ドラマ撮影の合間に大先輩・米倉涼子さんから話しかけられて、すごく嬉しかったことを明かしています。

井本彩花さんは、すごくキラキラしていて、綺麗でかっこいい米倉涼子さんを見て、改めて、演技が上手い女優さんになりたいと思ったようです。

また、井本彩花さんは、神原晶(かんばらあきら)役の岸部一徳(きしべいっとく)さんも好きなことを明かしています。

7.井本彩花は、歌下手で、歌唱力がひどい!?「歌はとても苦手です」

井本彩花さんといえば、第15回『全日本国民的美少女コンテスト』の歌唱審査で披露した歌が話題になりました。

どうしてかといえば、実は歌下手で、歌唱力がひどいというレベルだからです。

それもそのはず、井本彩花さんはこの日まで、カラオケで歌ったことがほとんどなく、ましてや、人前で歌ったことなどなかったのです。

井本彩花さん自身も、自分は歌が大の苦手で、歌下手であることを自覚しており、歌手デビューには興味がないと語っています。

そんな井本彩花さんは、この日の本番まで、ほとんど歌ったことのないカラオケで練習を積んで、歌唱審査に臨み、最後まで歌い切り、グランプリを獲得したのです。

8.井本彩花の性格とは?

井本彩花さんは、もともと人見知りだったこともあり、自分の性格をあんまり喋らない、おとなしいタイプと分析しています。

井本彩花さんには、自分とは違う役を演じてみたいという願望があるらしく、学園ドラマで活発な生徒役をやってみたいと語っています。

また、井本彩花さんには、天然ボケなところもあるようです。

現在中学2年生の井本彩花さんは、地元の中学校で、中学1年生の時から、生徒会活動に関わっており、庶務係として生徒会の一員として活動しています。

井本彩花さん自ら、生徒会に立候補したそうですから、真面目な一面もあるようです。

9.井本彩花の出身小中学校はどこ?高校は東京?【画像あり】

井本彩花さんは、現在中学2年生で、地元の中学校に通っていると思われますが、通っている中学校がどこなのかは公表しておりません。

そこで、井本彩花さんが通っている中学校はどこなのかを調べてみましたので、ご紹介します。

井本彩花さんが通っている中学校については、次の2つの中学校のいずれかではないかと噂されています。

木津川市立木津第二中学校京都府木津川市

京都市立洛南中学校京都府京都市南区

(1)井本彩花が通っている中学校は、木津川市立木津第二中学校?【画像あり】

井本彩花さんが、木津川市立木津第二中学校(京都府木津川市)に通っているという根拠として、かつて井本彩花さんが、自身のアメーバ(Ameba)ブログに入学式の際の制服姿の写真を投稿したことがあり、その制服が木津川市立木津第二中学校の制服に似ていたことが挙げられています。

現在、井本彩花さんのアメーバブログは削除されていますが、その時の写真と言われているのが、こちらの写真です。

出典:http://shirewata.com/

ちなみに、木津川市立木津第二中学校は、AKB48横山由依(よこやまゆい)さんの出身校として知られています。

(2)井本彩花が通っている中学校は、京都市立洛南中学校?

井本彩花さんが、京都市立洛南中学校京都府京都市南区)に通っているという根拠についても、井本彩花さんが過去に投稿したブログにあったと言います。

井本彩花さんが中学1年生だった2016年12月6付けのブログには、「学校の校外学習で科学センター」へ行ったという記述があり、この日に校外学習へ行ったのは、京都市立洛南中学校だったというのです。

(3)井本彩花の出身小学校はどこ?

井本彩花さんの出身小学校について、調べてみたところ、こちらの小学校ではないかという情報がありました。

京都市立祥豊(しょうほう)小学校京都府京都市南区

この小学校は、井本彩花さんが通っているという噂される京都市立洛南中学校と同じ京都市南区にあります。

以上のことから、井本彩花さんの出身小学校が、京都市立祥豊小学校だとすると、井本彩花さんが通っている中学校は、京都市立洛南中学校の可能性が高いと思われます。

また、井本彩花さんは、芸能活動に専念するため、上京して、東京の高校に通う予定で、ゆくゆくは大学へ進学したいと考えているようです。

10.井本彩花の家族、両親(父親・母親)はどんな人?兄弟はいるの?

井本彩花さんの兄弟ですが、弟さんが1人います。

井本彩花さんの家族は、父親・母親の両親、井本彩花さん、弟の4人家族のようです。

ネット上では、井本彩花さんの母親はどんな人なのかが話題になっているようです。

井本彩花さんが14歳ですから、母親は30代くらいと推定されますので、美人なんじゃないかと憶測されているのではないかと思われます。

井本彩花さんは、自身の家族について、みんなでショッピングに行くなど、仲良しなことを明かしています。

また、井本彩花さんの14歳の誕生日には、家族にお祝いしてもらったことと、おじいちゃんが、井本彩花さんが大好きな特製オムライスを作ってくれたことを自身のブログで明かしています。

11.まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、井本彩花さんはどんな人なのかを、身長・体重等経歴、出身小中学校はどこで、高校は東京へ行くのか、家族、両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟はいるのかについて、画像とともにご紹介することによって、明らかにしてきました。

第15回『全日本国民的美少女コンテスト』で、15代目グランプリを受賞したとはいえ、井本彩花さんは、まだまだ無名の存在です。

そんな井本彩花さんが、いきなり大人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で女優デビューすることは、かなり異例のことです。

このドラマの中で、井本彩花さんは、得意のクラシックバレエを披露するようですし、高視聴率ドラマであることから、どんな演技をするかによって、一気に注目が集まる可能性もあります。

この記事を書くに当たって、調べてきた限り、井本彩花さんはポテンシャルが高いことから、人気女優になれる可能性が高いと思います。

井本彩花さんの今後更なるご活躍を期待しています。

池田エライザはどんな人?身長・体重・本名等経歴、抜群のスタイルで、画像が可愛い!!出身中学校・高校はどこ?家族・両親(父親・母親)・兄弟は?

出典:http://donaldduck.wp-x.jp/

池田エライザ(いけだエライザ)さんといえば、ハーフモデルとして、中学生の頃から活躍しており、可愛い顔立ちと長身で抜群のスタイルの持ち主であることから、女子中高生を中心に高い人気を誇っています。

そんな池田エライザさんは、2017年10月16日(月)深夜からスタートし、現在絶賛放送中のフジテレビ系連続ドラマ『ぼくは麻理のなか』で主演を務めています。

このドラマで、池田エライザさんは、中身が大学生の男子になってしまう女子高生・吉崎麻理役という難しい役を演じていますが、時にはドキッとするシーンもあり、その魅力を存分に発揮しています。

さらに2017年11月11日(土)には、池田エライザさん初の主演映画『一礼して、キス』が公開されます。

この映画はラブストーリーで、池田エライザさんは、弓道に打ち込む女子高生・岸本杏役を演じています。

そこで、この記事では、池田エライザさんはどんな人なのかを、身長・体重・本名等経歴、出身中学校・高校はどこか、家族・両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟はいるのかについて、抜群のスタイルで、可愛い画像とともに、ご紹介することによって、明らかにしたいと思います。

1.池田エライザはどんな人?身長・体重・本名等プロフィール及び経歴【可愛い画像あり】

出典:https://matome.naver.jp/

名前:池田エライザ(いけだエライザ)

本名:池田依來沙(いけだえらいざ)

愛称・あだ名・ニックネーム:エライザ、エラちゃん

生年月日:1996年4月16日(現在の年齢:21歳

出身地:福岡県

身長:169cm

体重:40kg台後半(推定)

スリーサイズ:B85cm W59cm H88cm

カップサイズ:Gカップ

足のサイズ:24.5cm

血液型:B型

星座:おひつじ座

利き手:左利き

趣味:歌、ギター、写真、水彩、読書

特技:スポーツ全般、歌うこと

好きな作家:寺山修司(てらやましゅうじ)

ペット(愛鳥):キエリボタンインコ(名前:ぴじょん)

オフィシャルブログ URL:https://ameblo.jp/elaiza-ikd/

所属事務所:エヴァーグリーン・エンタテイメント

2.池田エライザ、ハーフモデルとしてデビュー!!『ニコラ』『CanCam』の専属モデルとして、大活躍!!【可愛い画像あり】

出典:https://matome.naver.jp/

池田エライザさんは、フィリピン生まれの福岡県育ちで、父親が日本人、母親がスペイン系フィリピン人のハーフです。

2009年(当時13歳の中学1年生)、池田エライザさんは、ローティーン向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の第13回「ニコラモデルオーディション」において、グランプリを受賞し、同年『ニコラ』10月号から専属モデルとして活動を開始します。

池田エライザさんが『ニコラ』の専属モデルとして活動を始めたときの名前は、本名の「池田依來沙」でした。

2011年3月号において、池田エライザさんは、「ニコラモデルオーディション」の同期かつ同年齢の春川芽生(はるかわめいく)さん、古畑星夏(ふるはたせいか)さん、松井愛莉(まついあいり)さんと共に4人でユニットを結成します。

このユニットは、『ニコラ』読者による応募により、「ラブフォーエバー」というユニット名に決定しました。

2012年4月号で初の単独表紙を飾るなど、その後も『ニコラ』の誌面で大活躍した池田エライザさんは、2013年5月号を最後に同誌を卒業しますが、2013年6月号から女性ファッション誌『CanCam』(キャンキャン)の専属モデルに起用されます。

同誌の専属モデルとして活動を始めると共に本名の「池田依來沙」から現在の「池田エライザ」に名前を変更しています。

2014年10月には、池田エライザさんにとって初のモデルブック『@elaiza_ikd(アット エライザ アンダーバー アイケイディ)』を出版します。

しかも、この本を出版するに当たっては、最近たびたび話題になっているクラウドファンディングという手段を用いて、300人から約280万円もの出版資金を調達することに成功しています。

池田エライザさんは、『CanCam』2017年2月号で初めて単独表紙を飾っています。

3.池田エライザ、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを駆使して、女子中高生から「自撮りの神」と呼ばれるなど、徐々に人気を得る!!【可愛い画像あり】

池田エライザさんが注目されるようになり、知名度を上げるきっかけとなったのが、ツイッターTwitter)、インスタグラム(Instagram)などのSNSです。

池田エライザさんがツイッターを始めたのは、2013年8月(当時17歳の高校2年生)のことで、『CanCam』の専属モデルになった頃です。

池田エライザさんは、当時、所属事務所のほとんどのタレントがツイッターを始めていなかったにもかかわらず、所属事務所に無断でツイッターを始めてしまったことから、バレてしまったとき、怒られてしまったと言います。

ツイッターを始めた当時、『CanCam』専属モデルだったとはいえ、メディアへの露出が少なかったことから、池田エライザさんの知名度はそれほど高くはありませんでした。

それにもかからず、池田エライザさんのツイッターのフォロワー数はどんどん伸びていったのです。

池田エライザさんのツイッターやインスタグラムなどのSNSのフォロワー数がどんどん伸びていった理由は、情報量が多かったことや投稿された次のような写真が大きな話題になったからです。

ツイッターでアイコンにしていた独特なポーズが女子高生を中心に大人気となり、ファンにより「エライザポーズ」と呼ばれ、大きな話題になりました。

これが「エライザポーズ」です。

出典:https://twitter.com/

また、池田エライザさんがSNSで公開する「自撮り写真が可愛い」と話題になり、池田エライザさんは「自撮りの神」と呼ばれるようにもなりました。

こうして、SNSを通じて、更なる人気を獲得していった池田エライザさんの2017年11月1日現在のツイッター及びインスタグラム(Instagram)のフォロワー数は次のとおりです。

池田エライザさんのSNSのフォロワー数(2017年11月1日現在)

公式ツイッターTwitter、@elaiza_ikd)のフォロワー数:62万6千人

公式インスタグラムInstagram、elaiza_ikd)のフォロワー数:45万8千人

4.【池田エライザの出演ドラマ・映画(2011~2017年)】女優デビュー後、多くの作品に出演し、頭角を現す!!【画像あり】

池田エライザさんは、2011年4月公開の映画『高校デビュー』で女優デビューしています。

2014年9月から化粧品メーカーのメイベリンニューヨークによって展開されたリップクリームシリーズ「BABY LIPSキャンペーン」において公開された、Vine初の連続ドラマ『BABY MAGIC』で、池田エライザさんは初の主演を務めています。

2015年9月公開の映画『みんな!エスパーだよ!』(園子温(そのしおん)監督)で、池田エライザさんはオーディションを経て、ヒロインに抜擢されます。

2016年4月にFOD(フジテレビオンデマンド)で配信された連続ドラマ『SHIBUYA零丁目』(全4話)でドラマ初主演を務めます。

しかも、この作品は再編集され、同月にフジテレビ(地上波)で再編集版が放送されました。

2017年に入って、池田エライザさんは、テレビドラマ4本、映画4本に出演し、それぞれ1本ずつ主演を務めるなど、女優としてブレイクしつつあります。

(1)【池田エライザの出演ドラマ(2017年)】主演作『ぼくは麻理のなか』他3本に出演し、存在感を発揮!!【画像あり】

2017年1~3月に放送されたMBS毎日放送系ドラマ『ホクサイと飯さえあればは一風変わったグルメドラマで、池田エライザさんは、上白石萌音(かみしらいしもね)さん演じる主人公と同じ大学に通う女子大生役を演じています。

2017年8~10月放送のMBS・TBS系ドラマ『伊藤くん A to E』で、池田エライザさんは、愛されたいと願っているが、男性とまともに付き合ったことがないというリア充女子で、伊藤くんに振り回される女の1人・相田聡子役を演じています。

池田エライザさんは、2017年10月3・10日放送されたフジテレビ系ドラマ『アイ~私と彼女と人工知能~』では、バイセクシャルのモデル役を演じています。

このドラマは、主演の香里奈(かりな)さん演じる主人公・田中雫と共同生活をしている、生活の派手なインスタモデルで、実はバイセクシャル池田エライザさん演じる桜井モモが、ひょんなことから、スケベな変態AIを加えて、会話を繰り広げる本格コメディーです。

2017年10月16日深夜からスタートし、現在放送中のフジテレビ系ドラマ『ぼくは麻理のなか』では、池田エライザさんが2度目のドラマ主演を果たしています。

出典:http://actresspress.com/

このドラマは、2017年3月31日にFOD(フジテレビオンデマンド)で、全8話がライブストリーミング配信されましたが、この度、フジテレビ(地上波)で1話ずつ放送されます。

(2)【池田エライザの出演映画(2017年)】初主演映画『一礼して、キス』で弓道女子を演じる!!【画像あり】

2017年4月公開の映画『ReLIFE リライフ』は、ある研究の被験者になったことで、27歳だった中川大志(なかがわたいし)さん演じる主人公・海崎新太が若返ってしまったことから、高校時代をやり直すという物語です。

池田エライザさんは、ツンデレだが実は優しく、成績優秀、運動神経抜群の努力家という海崎新太のクラスメイトの女子高生・狩生玲奈役を演じています。

2017年9月公開の映画『トリガール!は、主演の土屋太鳳(つちやたお)さん演じる鳥山ゆきなが、鳥人間コンテストに向けて奮闘する姿を描いています。

池田エライザさんは、鳥山ゆきなの親友・島村和美役を演じています。

2017年11月11日公開予定の映画一礼して、キスで、池田エライザさんは映画初主演を果たしています。

出典:https://nijimen.net/

この映画は、池田エライザさん演じる弓道に打ち込む高校3年生の主人公・岸本杏が、後輩男子から想いを寄せられるラブストーリーです。

相手役は『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日、2016年2月~2017年2月放送) で主演を務めた中尾暢樹(なかおまさき)さんが演じています。

2018年1月12日公開予定の映画『伊藤くん A to E』は、同名のドラマの映画化で、池田エライザさんはドラマと同じ相田聡子役を演じています。

5.池田エライザの出身中学校・高校はどこ?高校の偏差値は?小学校時代、いじめに遭っていたって本当?

池田エライザさんの出身中学校・高校はどこなのかについてご紹介する前に、池田エライザさんが小学校時代に遭っていたといういじめについて、触れます。

(1)池田エライザは小学校時代、いじめに遭っていたって本当?

池田エライザさんは、小学校時代にいじめに遭っていたことを告白しています。

池田エライザさんは、自分がハーフで、変な子だったことが原因だったと考えているようです。

その当時、いじめられることがかなり辛かったらしく、池田エライザさんは図書室に籠もるようになったそうです。

それがきっかけとなって、本を読むようになり、今ではかなりの読書家になったという池田エライザさんは、逆境をバネにしてモデル、女優として大活躍するようになったのです。

(2)池田エライザの出身中学校・高校はどこ?高校の偏差値は?

池田エライザさんの出身中学校・高校については、公表されておりません。

しかし、池田エライザさんはフィリピン生まれの福岡県育ちですから、出身中学校・高校は地元の中学校・高校の可能性が高いです。

そこで、池田エライザさんの出身中学校・高校はどこで、高校の偏差値はどのくらいなのかについて、調べた結果をご紹介します。

池田エライザさんの出身中学校は、

福岡市立香椎(かしい)第三中学校

だと思われます。

したがって、池田エライザさんの出身地は福岡県福岡市だと思います。

池田エライザさんの出身高校は、私立の

福岡第一高校(福岡県福岡市)

で、偏差値は38です。

池田エライザさんは、高校3年生の4月に芸能活動のため上京しており、通信制の高校に編入しています。

また、池田エライザさんは当初、大学への進学を考えていたようですが、モデルの仕事が楽しかったため、仕事に集中することに決めたようです。

6.池田エライザの家族・両親(父親・母親)はどんな人?兄弟はいるの?

池田エライザさんは、日本人の父親とスペイン系フィリピン人の母親の間に生まれたハーフです。

また、池田エライザさんには兄2人と弟1人がおり、池田エライザさんは4人兄弟の3番目の長女です。

男兄弟の中で育ったせいか、池田エライザさんは男勝りな性格で、ゲームが大好きで、おしゃれにはまったく興味がなかったそうです。

今の池田エライザさんからは、おしゃれに興味がなかったなんて、考えられないですよね。

したがって、池田エライザさんの家族構成は、父親・母親の両親、長男、次男池田エライザさん、三男の6人家族です。

父親九州男児の頑固な人で、池田エライザさんは厳しく育てられたそうです。

一方、母親は自由奔放な性格の持ち主だと言います。

そんな池田エライザさんの母親は、なんと若い頃、モデルとして活動していたらしく、2016年6月5日に池田エライザさんが自身のツイッターに投稿した、母親のモデル時代の写真が大きな反響を呼びました。

そのツイートがこちらです。

スタイルがめっちゃいいですよね。

この写真からは、池田エライザさんがモデルだった母親の遺伝子を色濃く受け継いでいることがよくわかりますよね。

しかし、意外にも池田エライザさんは、『ニコラ』の専属モデルとして活動を始めてから、かつて母親がモデルだったことを知ったそうです。

そのせいか、母親は池田エライザさんのモデル活動については、大変厳しく、時には娘の池田エライザさんを叱りつけることもあったそうです。

でも、その分、母親が褒めてくれた時は、今でも池田エライザさんはとても嬉しいそうです。

また、池田エライザさんは、趣味としてギターを挙げていますが、これは母方の祖父の影響なんです。

実は、池田エライザさんの祖父は、ギターを片手にコメディアンをしていて、映画にも出演したことがあるそうなんです。

そうなると、池田エライザさんは、血筋からして芸能界に入るべくして入ったのかもしれません。

7.まとめ

この記事では、池田エライザさんはどんな人なのかを、身長・体重・本名等経歴、出身中学校・高校はどこか、家族・両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟はいるのかについて、抜群のスタイルで、その可愛い画像とともに、ご紹介することによって、明らかにしてきました。

抜群のスタイルを持ち、ツイッターやインスタグラムなどのSNSにアップした自撮り写真が可愛いと評判なことから、「自撮りの神」と称される池田エライザさんですが、かつて「自分の顔に自信がなかった」と意外なことを語っています。

そんなコンプレックスを抱えていた池田エライザさんが、SNSに載せるために、自撮りしまくって、「自撮りの神」と呼ばれるようになったことによって、コンプレックスを解消していったと言います。

そんな池田エライザさんは現在、モデルとしてだけでなく、女優としても実力を発揮し、注目されています。

池田エライザさんが主演を務める、現在放送中のドラマ『ぼくは麻理のなか』、2017年11月11日(土)公開予定の映画『一礼して、キスを観れば、その魅力を堪能できると思います。

池田エライザさんの今後更なるご活躍を期待しています。