ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)、大学時代は暗黒時代だった!?

出典:https://mikumari39.net/

ホラン千秋(ホランちあき)さんといえば、今や女性キャスターとしてすっかりお馴染みとなりましたが、もともとは女優としてデビューしています。

そんなホラン千秋さんが女性キャスターとして活躍できているのは、その学歴(出身中学校・高校・大学)に秘密があるかもしれません。

そこでこの記事では、ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介するとともに、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという噂は本当かどうかについて明らかにします

1.ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)及び偏差値は?

ホラン千秋さんは、アイルランド人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフですが、東京都多摩市で生まれ育っています。

【ホラン千秋さんの関連記事】
ホラン千秋の年齢・身長・本名等経歴、どこの国のハーフで国籍は?

そのため、日本の中学校・高校・大学に通って卒業しています。

ホラン千秋さんは、どのような学歴(出身中学校・高校・大学)の持ち主なのでしょうか。

ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)及び偏差値をまとめると次のとおりです。

  • 出身中学校多摩市立豊ヶ丘中学校(東京都多摩市、現在の多摩市立青陵中学校)
  • 出身高校東京都立国際高校(東京都目黒区、偏差値:68
  • 出身大学青山学院大学文学部英米文学科偏差値:60

ホラン千秋さんの出身中学校は地元の多摩市立豊ヶ丘中学校ですが、2008年に多摩市立貝取(かいどり)中学校と統合して多摩市立青陵中学校になっていますので、現在多摩市立豊ヶ丘中学校は存在していません。

中学時代、吹奏楽部に所属していたというホラン千秋さんはもともとフルートをやりたかったようですが、結局クラリネットを担当しています。

高校・大学へ進学する際、ホラン千秋さんは自身がアイルランド人とのハーフであり、英語が得意であることを存分に生かした高校選び、大学選びをしています。

というのは、ホラン千秋さんが進学したのは、東京都立高校の中で唯一国際学科が設置され、高い英語力が必要とされる東京都立国際高校だったからです。

ただ、ホラン千秋さんが当初進学を希望していたのは、東京都立国立(くにたち)高校だったのですが…

更に大学受験でホラン千秋さんが進学したのは、青山学院大学文学部英米文学科です。

青山学院大学在学中、ホラン千秋さんは2009年度「学業奨励賞」を受賞しているほか、オレゴン州立大学へ1年間留学しており、舞台を専攻しています。

以上のように、ホラン千秋さんの学歴は実に華麗なものであり、ニュースキャスターとしての見事な活躍ぶりもこの学歴を見れば納得できるのではないでしょうか

2.ホラン千秋の高校・大学時代は暗黒時代だった!?

既にご紹介したとおり、ホラン千秋さんの学歴は素晴らしいものがあり、十分に誇れるものだと思いますが、ホラン千秋さん自身はそのようには考えていないようです。

というのは、ホラン千秋さんが高校・大学時代は暗黒時代だったと考えているという噂があるのです。

調べてみると、2018年5月5日放送のTBS系トーク番組『サワコの朝』において、ホラン千秋さんは高校・大学時代を含めた期間を暗黒時代として振り返っていました

では、どうしてこのような輝かしい学歴の持ち主にもかかわらず、ホラン千秋さんは高校・大学時代を暗黒時代だと思っているのでしょうか。

ホラン千秋さんは、中学生の時に芸能事務所アミューズのオーディションに合格して、2005年2月から放送開始されたスーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系)の敵キャラ役でドラマデビューを果たしています。

このドラマでの活躍ぶりから、ホラン千秋さんにはこれからどんどん仕事が増える一方だと思われましたが、その後ホラン千秋さんはオーディションに落ち続け、あっという間に10年の歳月が経ってしまったのです。

このようにオラン千秋さんにとって芸能界にいながら仕事がまったくなかった時期と高校・大学時代が重なってしまったことから、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという印象が強いのかもしれません。

実際ホラン千秋さんは、どうしてこの大学に毎日行かなければならないのかと悩んでいたようですし、大学時代サークル活動をしていなかっただけでなく、学園祭にも参加したことがなかったようです。

大学時代ホラン千秋さんにとって、最も重要だったのは芸能界でいかに仕事を獲得して、活躍することができるかということだったのです。

更にホラン千秋さんは大学時代の米国への留学をきっかけに、テレビを通して人に何かを伝えることができるアナウンサーやテレビ番組制作の仕事をしたいと思ったようです。

そのため、就職活動の際には、民放キー局のアナウンサー試験に挑戦したものの全滅してしまい、結局その後もフリーター生活を余儀なくされました

しかし、そんなホラン千秋さんが、その数年後日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されたのをきっかけに、大ブレイクしていくとは本当に皮肉なものです。

3.まとめ

この記事では、ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介するとともに、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという噂は本当かどうかについても明らかにしてきました。

やっぱりホラン千秋さんの学歴は優秀なもので、アイルランド人とのハーフであり、英語が得意であることを生かした高校・大学に進学しています。

現在ではキャスターをメインに、多くのテレビ番組でも大活躍しているホラン千秋さんですが、大ブレイクするまでには、10年に及んだ暗黒時代があったということです。

そういう苦しい期間があったからこそ、現在のホラン千秋さんがあるのだと思います。

ホラン千秋さんの今後更なるご活躍を期待しています。

ホラン千秋の年齢・身長・本名等経歴、どこの国のハーフで国籍は?

出典:https://mainichi.jp/

ホラン千秋(ホランちあき)さんといえば、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されて以来、多くの報道・情報番組やバラエティ番組でキャスター・MCとして大活躍しているほか、女優としても活躍しています。

現在はTBS系報道・情報番組『Nスタ』のキャスターとして、夕方のニュース番組の顔としても知られています。

そんなホラン千秋さんは、2018年テレビ番組出演本数ランキング・女性タレント部門(ニホンモニター調べ)で、2年連続の3位にランクインしており、現在もなお引っ張りだこの状態。

そこで、この記事ではホラン千秋さんがどんな人なのかを、年齢・身長・本名等プロフィール及び経歴をご紹介するとともに、どこの国のハーフで国籍はどこなのかをご紹介することによって、明らかにします。

1.ホラン千秋の本名・年齢・身長等プロフィール

名前:ホラン千秋(ホランちあき)

本名:ホラン千秋(ホランちあき)

生年月日:1988年(昭和63年)9月28日(2019年5月現在の年齢:30歳

出身地:東京都多摩市

身長:160cm

体重:40kg台前半(推定)

血液型:A型

星座:てんびん座

趣味:写真を撮ること・歌うこと

特技:英語(ネイティブ)・料理(特にお菓子)、折り紙

出身中学校:多摩市立豊ヶ丘中学校(東京都多摩市、現多摩市立青陵中学校)

出身高校:東京都立国際高校(東京都目黒区)

出身大学:青山学院大学文学部英米文学科(青学在学中、オレゴン州立大学へ1年間の留学経験あり)

所属事務所:アミューズ

【ホラン千秋さんの関連記事】
ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)、大学時代は暗黒時代だった!?

2.ホラン千秋の経歴

(1)ホラン千秋には約10年に及んだ下積み時代があった

ホラン千秋さんはハーフであるものの、日本生まれの日本育ち。

そんなホラン千秋さんは、友達の母親の勧めで5歳のときキッズモデルとしてデビューしています。

更に中学生のときには、自身の母親の勧めで芸能事務所アミューズのオーディションを受けて、見事合格

もともと女性4人組ダンス&ボーカルグループ「SPEED(スピード)」や「モーニング娘。」に憧れていたというホラン千秋さんは、女優として新たにスタートを切りました。

2005年2月から放送されたスーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系)でドラマデビューを果たしたホラン千秋さんでしたが、その後目立った活躍ができずに約10年に及ぶ下積み時代を経験することになります。

(2)ホラン千秋がブレイクしたきっかけとは?

長い下積み時代を経験したホラン千秋さんがブレイクしたきっかけは、意外なことにデビュー以来のロングヘアをショートカットにイメチェンしたことでした。

確かにホラン千秋さんといえば、ショットカットのイメージが強く、ロングヘアのイメージはほとんどないのではないでしょうか。

ホラン千秋さんが、どうしてそれまでのロングヘアをバッサリ切ったのかというと、2011年7~9月放送のドラマ『陽はまた昇る』(テレビ朝日系)の役作りのためだったと言います。

すると、ホラン千秋さんは、2011年10月からTBSの経済・情報番組『ビジネスクリック』の月曜ナビゲーターを担当することになり、翌2012年4月からは日本テレビ系ニュース番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されました。

これを契機に、ホラン千秋さんの元には、情報番組やバラエティ番組などのオファーが次々と来るようになります。

ついには、「THE BEAUTY WEEK AWARD 2014」ショートヘアスタイル部門を受賞したホラン千秋さんは、その授賞式でショートカットにする前の10年に及んだ下積み時代について、「あの10年がなかったら今の自分はない」と振り返っていました。

このようなきっかけでブレイクしたホラン千秋さんは、髪を伸ばすつもりはないと語っています。

3.ホラン千秋はどこの国のハーフで国籍は?

ホラン千秋さんはその名前からわかるようにハーフですが、「ホラン」という名前はめずらしいですよね。

どこの国のハーフかというと、アイルランドです。

つまり、ホラン千秋さんは、アイルランド人の父親と日本人の母親との間に生まれたハーフなのです。

ちなみに、アイルランドは海を隔ててイギリスの左隣りにある北西ヨーロッパにある国で正式名はアイルランド共和国と言います。

次にホラン千秋さんの国籍ですが、ホラン千秋さんはアイルランド人と日本人のハーフであるものの、日本生まれの日本育ちであることから、国籍は日本だと思われます。

ただし、ホラン千秋さん本人は、東京都多摩市で生まれ育っていることから、自分がハーフだということはほとんど意識していないようです。

確かにホラン千秋さんが英語を話している姿を見ることは少ないですし、しっかりした日本語を話していますから、日本人というイメージが強いですよね。

4.ホラン千秋の本名の由来とは?

「ホラン千秋」という名前は本名ですが、「千秋」と名付けたのはアイルランド人の父親だそうです。

「ホラン千秋」という本名は、アイルランド人の父親が「時の長さを表す言葉」である「千」を気に入ったことから「千」、既にご紹介したとおりホラン千秋さんは9月(秋)に生まれたことから「秋」にしたことに由来しています。

そのため、「ホラン千秋」と名付けられました。

また、ヨーロッパ諸国では、姓と名の間に「ミドルネーム」を付けるのが一般的なのですが、ホラン千秋さんには「ミドルネーム」は付いていません。

実はアイルランド人の父親が娘であるホラン千秋さんへのある思いから、あえてミドルネームを付けなかったのです。

というのは、ミドルネームを付けることで娘であるホラン千秋さんがいじめられるのではないかと懸念していたからだと言います。

そのため、ホラン千秋さんの両親は、ミドルネームに付けずにホラン千秋さんの出生届を出したのです。

5.まとめ

この記事では、ホラン千秋さんがどんな人なのかを、年齢・身長・本名等プロフィール及び経歴をご紹介するとともに、どこの国のハーフで国籍はどこなのかをご紹介することによって、明らかにしてきました。

今ではテレビで見ない日はないというくらいの活躍ぶりを見せているホラン千秋さんですが、10年にも及ぶ下積み時代があったのは意外だったのではないでしょうか。

ハーフとは思えないくらい日本語を使いこなし、キャスターとしてホラン千秋さんの才能が開花したのは、この下積みの10年があったからだと思います。

ホラン千秋さんの今後益々のご活躍を期待しています。