木嶋真優の学歴(出身中学校・高校・大学)、実家の家族(両親、兄弟姉妹)は?

出典:https://mainichi.jp/

最近、高嶋ちさ子(たかしまちさこ)さんや千住真理子(せんじゅまりこ)さんといった有名なヴァイオリニストの方々が、テレビのバラエティ番組などによく出演するようになりましたよね。

高嶋ちさ子さんに至っては、番組のMCを務めることもあります。

そんな中、世界的な若手ヴァイオリニストであるにもかかわらず、テレビのバラエティ番組での言動により脚光を浴びているのが木嶋真優(きしままゆ)さんです。

そこで、この記事では木嶋真優さんがどんな人なのかを、学歴(出身中学校・高校・大学)、実家の家族について両親はどんな人なのか、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって、明らかにします

<関連記事>
木嶋真優はどんな人?身長・体重、年齢、血液型等経歴と生い立ちとは?

1.木嶋真優の学歴(出身中学校・高校・大学)は?

3歳からヴァイオリンを始め、世界的ヴァイオリニストとして活躍している木嶋真優さんの学歴は、どのようなものだったのでしょうか。

ここでは、木嶋真優さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介します。

木嶋真優さんは小中高一貫校として知られる小林(おばやし)聖心女子学院(兵庫県宝塚市)出身で、小学校から入学しています。

小林聖心女子学院はカトリック系聖心会のミッションスクールで、お嬢様学校として知られています。

しかし、木嶋真優さんが小林聖心女子学院に通っていたのは、中学2年生の途中まででした。

というのは、中学2年生の途中から木嶋真優さんはドイツのケルン大学ヤングコースへ留学したからです。

小学生の頃からさまざまなコンクールでその実力を発揮して、注目を浴びていた木嶋真優さんは、当時来日していたケルン音楽大学のザハール・ブロン教授から留学を薦められたのです。

ケルン音楽大学留学後も国際コンクール等で多くの実績を残した木嶋真優さんは、2012年ケルン音楽大学を首席で卒業します。

更に大学院も首席で卒業した木嶋真優さんは、その後世界的ヴァイオリニストとして活躍することになります。

ヴァイオリニストとしては、すばらしい学歴ですよね。

バラエティ番組に出演しているときの木嶋真優さんからは想像できないかもしれませんが、木嶋真優さんは本当にすごいヴァイオリニストなのです。

2.木嶋真優の実家の家族、両親はどんな人?兄弟姉妹はいるのか?

木嶋真優さんが世界的ヴァイオリニストになれたのは、ひとえに木嶋真優さん本人の努力と才能によるところが大きいと思いますが、家族によるサポートも大きな要因のひとつだと思います

そこで、ここでは木嶋真優さんの家族について、両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟姉妹はいるのかをご紹介します

木嶋真優さんの両親については、木嶋真優さんが14歳の時に受けた次のインタビューで語っています。

――ヴァイオリンを始めた経緯から話して下さい。

母(真理さん)がピアノを弾きますし、父(正憲さん)も音楽が大好き。3歳半のとき何かやらせようということになったんですが、手が小さくピアノは早過ぎる。小型もあるヴァイオリンをと始めたんです。母に言わせると、いつも練習を始めるまでくずぐずしてたそうですが、弾き出すと夢中になったらしい。でも小学校2年からは自分の意思で弾くように変わりました。きっかけは、94年6月に受けた五嶋みどりさんの公開レッスン。彼女が協奏曲を弾く舞台やリサイタルを聴いたことがあり、すごく透明感のある音色が大好きで、憧れていました。実際の五嶋さんは、音楽がとても好きですごく優しい人。私を子供でなく、一人の演奏家として扱ってくれました。ヴァイオリニストになろうと決めたのはこの時。その後、いろんなコンクールで金賞をもらって、さまざまな舞台も踏ませてもらっています。

出典:http://phoenixhall.jp/

木嶋真優さんの父親は正憲さん、母親は真理さんです。

母親の木嶋真理さんは「ピアノを弾きます」と木嶋真優さんは語っていることから、職業としてピアノをしているのか、趣味としてなのかはよくわかりません。

一方、父親の木嶋正憲さんは「音楽が大好き」と語っていることから、音楽を職業としているわけではなさそうです。

このように両親とも音楽が身近だったことから、娘の木嶋真優さんがヴァイオリンを始めるきっかけにはなったのではないでしょうか。

更に、両親が娘の木嶋真優に3歳からヴァイオリンを習わせていることや小中高一貫の私立校に入学させていることから、木嶋家はそこそこ裕福な家庭だったのではないかと思います。

次に木嶋真優さんに兄弟姉妹がいるのかについてですが、どうやら一人っ子のようです。

子供の頃の木嶋真優さんは寂しかったかもしれませんが、両親からのサポートは十分に受けられたかもしれません。

3.まとめ

この記事では、木嶋真優さんがどんな人なのかを、学歴(出身中学校・高校・大学)、実家の家族について両親はどんな人なのか、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにしました

世界的ヴァイオリニストである木嶋真優さんの学歴(出身中学校・高校・大学)と実家の家族については、非常に気になるところだったと思います。

木嶋真優さんのバラエティ番組での驚きのエピソードを聞くとなんとなくわかると思いますが、木嶋真優さんは生粋のお嬢様だと思われます。

そのことは、この記事でご紹介した木嶋真優さんの学歴と家族を見れば、おわかりいただけたのではないでしょうか。

木嶋真優さんの学歴は実に華麗なもので、小中高一貫校である小林聖心女子学院に入学し、中学2年生まで在学、その後ドイツのケルン音楽大学に留学して、最終的には首席で卒業すると共に大学院も首席で卒業しています。

木嶋真優さんを支え、ヴァイオリンを始めるきっかけを与えたのが父親・正憲さんと母親・真理さんでした。

兄弟姉妹のいない木嶋真優さんですが、世界的ヴァイオリニストになるためには、一人っ子でよかったかもしれません。

木嶋真優さんの今後更なるご活躍を期待しています。

石原詢子の実家の家族は?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://twitter.com/

石原詢子(いしはらじゅんこ)さんといえば、昨年(2018年)デビュー30周年記念を迎え、同年9月5日には30周年記念リサイタルを行い、話題となりました。

そんな石原詢子さんは、ある家元の家に生まれたことをご存知でしょうか。

そこで、この記事では石原詢子さんの実家の家族について、両親(父親・母親)はどんな人なのか、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにします

<関連記事>
石原詢子はどんな人?年齢、身長・体重、本名等プロフィール及び経歴

石原詢子の学歴(出身中学校・高校等)は?結婚歴はある?夫や子供は?

1.石原詢子の実家の家族は?両親(父親・母親)はどんな人?

石原詢子さんの実家は、岐阜県揖斐(いび)郡池田町にあります。

石原詢子さんは6人兄弟の4番目の長女として生まれていますので、石原家の家族構成は両親(父親・母親)と6人兄弟の8人家族です。

(1)石原詢子の父親は詩吟の家元だった!?

石原詢子さんの父親は詩吟揖水流(いすいりゅう)の初代家元だったため、娘である石原詢子さんは幼い頃から詩吟揖水流の初代家元である父親の背中を見て育ちました。

そんな石原詢子さんは「お父さん子」だったからか、6人兄弟の中でも最も厳しく父親から稽古を受けてきました。

石原詢子さんによると、4歳から稽古漬けの毎日が始まり、小学生時代は学校に行っている時間以外は、朝から晩まで厳しい稽古を受けていたそうです。

石原詢子さんの父親がこれだけ厳しい稽古を長女の石原詢子さんに受けさせたのは、石原詢子さんに詩吟の家元になる資質があることを見抜いていたからではないでしょうか。

石原詢子さんの父親は、娘である石原詢子さんに詩吟揖水流の家元を継いでほしかったのではないでしょうか。

だから、石原詢子さんの父親は、娘が歌手になるために上京することにも反対だったのかもしれません。

そんな詩吟揖水流の初代家元だった石原詢子さんの父親は、後に大ヒットを記録する8枚目シングル「夕霧海峡」が発売された直後の1995年8月12日に、先に亡くなった母親の後を追うようにして、64歳で亡くなっています

石原詢子さんは亡き父親を思い、亡き父親の吟号である「源風(げんぷう)」をタイトルにしたアルバム「デビュー20周年記念スーパーシングルコレクション『源風』」を2007年10月にリリースしています。

石原詢子さんは、詩吟揖水流の初代家元だった父親が生きた証を残したかったのかもしれません。

(2)石原詢子、父親の跡を継ぎ詩吟揖水流の2代目家元へ!!

石原詢子さんは、生前の父親とある約束をしました。

その約束とは、

「50歳になったら継ぐからね」

出典:http://www.1242.com/

というもの。

石原詢子さんにとって、この父親との約束は大変重要なものだったらしく、石原詢子さんは約束の50歳になった2018年、詩吟揖水流詢風会(じゅんぷうかい)を設立し、2代目家元に就任するとともに、詩吟教室を始めました

更に同年9月には、石原詢子さんのデビュー30周年記念の詩吟アルバム「詢風(じゅんぷう)~吟詠の世界~」をリリースしています。

なお、石原詢子さんはもともと吟号を「石原美風(びふう)」としています

もし石原詢子さんの父親が生きていたら、娘の石原詢子さんが詩吟揖水流の2代目家元を継いだことをたいそう喜んだのではないでしょうか。

娘の石原詢子さんもその晴れ姿を亡き父親に見せてあげたかったに違いありません。

(3)石原詢子の母親はどんな人?

石原詢子さんは、詩吟揖水流の初代家元だった父親に比べると母親については、あまり語っていないようです。

しかし、石原詢子さんのブログ「詢子のひとりごと」の中の2016年7月24日(日)付けのタイトル「母の命日」という記事において、石原詢子さんは母親について語っています。

石原詢子さんの母親は、父親が亡くなる約2週間前の1995年7月25日に亡くなっています。

ちょうど石原詢子さんが長い下積み生活を経て、人気歌手の仲間入りすることができるのではないかという時期だったため、両親に自分の歌手としての姿をテレビやステージでいっぱい見せたかったという思いが強かった頃だったのではないかと思います。

石原詢子さんは、2011年4月にリリースした28枚目シングル「逢いたい、今すぐあなたに…。」で初の作詞に挑戦していますが、その際亡き母親の旧名である「いとう冨士子」をペンネームとして使っています。

石原詢子さんには、若くして亡くなった母親が生きた証を形に残したいという思いがあったようです。

したがって、石原詢子さんの亡き母親の名前は、「石原冨士子」さんということになります。

石原詢子さんは先のブログにおいて、亡き母親のことを次のように綴っています。

母の年齢に近づくにつれて、私の母への思いが微妙に変化してきているのを感じます。
もし、今でも母が元気でいてくれたら・・
あんな事もこんな事も一緒に出来たのに・・
そんな思いは21年経った今でも変わりません。
私の中では色褪せることなく母の笑顔、泣いた顔、怒ってる顔、上京するときに見せた寂しそうな顔、一つ一つが鮮明に思い出されます。
そして、母にはちっとも似てない!
と思っていたのに最近、ふとした時や自分の写真を見た時、、「あれ?母に似てきたかな?」と思ったりもします。

そう思うのは私だけかな?

出典:http://junko-ishihara.com/

石原詢子さんの公式ブログ「詢子のひとりごと」のこの記事はこちらです。

「母の命日」

亡くなった人の思い出は、まだ生きている者の心に刻まれているため、娘である石原詢子さんや兄弟姉妹が生きている限り、亡き母親の思い出は色褪せないと思います。

2.石原詢子に兄弟姉妹はいるの?どんな人?

石原詢子さんは、6人兄弟の4番目の長女として生まれていますとご紹介しましたが、6人兄弟の構成はどのようになっているのでしょうか。

石原詢子さんは兄弟の存在については、自身のブログでよく語っているのですが、6人兄弟の構成についてはほとんど明らかにしておりません。

しかし、石原詢子さんは、自身のブログ「詢子のひとりごと」の中の2017年7月25日(火)付けのタイトル「23回忌」の記事において、兄弟の画像を載せています

この画像によると、石原詢子さんの6人兄弟の構成は、長男、次男、三男、長女(石原詢子さん)、次女、三女だと思われます

ただし、「三女」については、画像の中の「三女」が若すぎること、いくつかの情報の中には「三女」ではなく「四男」という情報もあることから、末っ子は「三女」もしくは「四男」のどちらかではないかと思われます

石原詢子さんの公式ブログ「詢子のひとりごと」のこの記事はこちらです。

「23回忌」

3.まとめ

この記事では、石原詢子さんの実家の家族について、両親(父親・母親)はどんな人なのか、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにしました

石原詢子さんの父親は詩吟揖水流の初代家元だったため、長女である石原詢子さんは子供の頃から厳しく稽古を受けていました。

そんな父親を説得して、歌手を目指し上京した石原詢子さんでしたが、ようやく成功しかかったとき、両親が相次いで亡くなってしまいました。

両親が亡くなってから23年、生前の父親と交わした詩吟揖水流の家元を継ぐという約束を果たすため、石原詢子さんは2018年に詩吟揖水流詢風会を設立し、2代目家元に就任、詩吟教室を始めています。

石原詢子さんは法事やお墓参りのために、兄弟たちと共に実家のある岐阜県揖斐郡池田町によく帰省しているようです。

天国にいる両親も仲睦まじい6人兄弟の姿に喜んでいるのではないでしょうか。

石原詢子さんの今後益々のご活躍を期待しています。

檀ふみの家族とは?父親は大作家!?母親はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://girlschannel.net/

檀ふみ(だんふみ)さんといえば、未だに「かわいらしい」「おしとやか」といった形容詞が似合う大物女優さんですよね。

また、エッセイストとしてもその才能を発揮し活躍を続けている檀ふみさんですが、そのご家族をご存知でしょうか。

そこで、この記事では檀ふみさんの家族について、父親は大作家というのは本当か、母親はどんな人か、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにします

1.檀ふみの父親は大作家!?母親はどんな人?

檀ふみさんの実家は現在、東京都練馬区の石神井公園の近くにあります。

檀ふみさんの実家の家族の中で、最も有名なのは父親・檀一雄(だんかずお)さんではないでしょうか。

というのは、檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、直木賞を受賞した『真説石川五右衛門』『長恨歌』など数々の名著を残しているからです。

ここでは、檀ふみさんの父親である檀一雄さんと父親・檀一雄さんを支えた2人の母親について、ご紹介します

(1)檀ふみの父親は大作家・檀一雄

もともと檀ふみさんの家系は現在の福岡県柳川市出身でしたが、檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、父親の仕事(図画教員)の関係で、1912年(大正元年)に山梨県で生まれています。

高校時代から小説を書き始め、同人誌の製作に携わったり、小説や詩などの作品を発表していた檀一雄さんは、1932年(昭和7年)、東京帝国大学経済学部(現在の東京大学)に進学します。

1936年(昭和11年)には『夕張胡亭塾景観』が第2回芥川賞候補になるなど頭角を現しはじめた檀一雄さんは、日中戦争により軍に招集され大陸にも出征しましたが、帰国後の1942年(昭和17年)福岡の開業医の娘である高橋律子さんと結婚しました。

翌1943年(昭和18年)には長男・太郞さんが生まれましたが、1946年(昭和21年)妻・律子さんは腸結核により亡くなってしまいます。

しかし、同年檀一雄さんは福岡の酒造家の娘・山田ヨソ子さんと再婚し、このヨソ子さんが檀ふみさんの母親になります。

山田ヨソ子さんと再婚後、上京した檀一雄さんは東京都練馬区の石神井公園の近くに住み始めます。

その後、1951年(昭和26年)に『真説石川五右衛門』『長恨歌』の2作品で直木賞受賞を果たした檀一雄さんに、1954年(昭和29年)長女・ふみさんが生まれます

檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、「無頼派」と呼ばれる既成の近代文学に批判的な作風を持った作家の1人として知られ、「最後の無頼派」と言われています。

檀一雄さんは、多くの賞を受賞し、数多くの名作を残していますが、太宰治(だざいおさむ)や坂口安吾(さかぐちあんご)など高名な作家と交流を持っていたことから、一目置かれた存在であったのではないでしょうか。

また、檀一雄さんは、連作『リツ子・その愛』『リツ子・その死』(1950年)や『火宅の人』(1961~75年)といった亡き妻(律子さん)や愛人について描いた小説を発表している点も特徴的です。

『火宅の人』は、1976年(檀一雄さんの死後)に第8回日本文学大賞及び第27回読売文学賞小説賞を受賞しており、1986年にこの作品が映画化された際には、娘・檀ふみさんが主人公・桂一雄(檀一雄がモデル)の母親役を演じています。

そんな檀ふみさんの父親・檀一雄さんは、1975年、肺ガンを患い、翌1976年1月に63歳の若さで亡くなっています

(2)檀ふみの母親はどんな人?父親・檀一雄には2人の妻がいた!?

檀ふみさんの父親・檀一雄さんには2回の結婚歴があり、1人目の妻・律子さんとの間に長男・太郞さんを儲けましたが、結婚後わずか3年で死別しています。

檀ふみさんの母親は、檀一雄さんが前妻の律子さんと死別した1946年(昭和21年)に再婚したヨソ子さんになります。

ヨソ子さんは夫・檀一雄さんが亡くなるまでの30年間、夫に寄り添いましたが、夫が愛人について描いた『火宅の人』を発表したことで、大変苦しんだのではないでしょうか。

檀ふみさんも、そういう母親の姿を見ていたので、心を痛めていたのかもしれません。

そんな檀ふみさんの母・檀ソノ子さんは、夫・檀一雄さんが亡くなってから39年後の2015年4月に腸閉塞のため、92歳で亡くなっています

2.檀ふみに兄弟姉妹はいるの?

檀ふみさんの父親・檀一雄さんと後妻・ヨソ子さんの間には、4人の子供が生まれています。

前妻・律子さんの子供である長男・檀太郞(だんたろう)さんを加えると、檀一雄さんの子供は5人いることになります。

5人兄弟の内訳は、

  • 長男檀太郞さん、前妻・律子さんの子供)
  • 次男(後妻・ヨソ子さんの子供、以下同じ)
  • 三男
  • 長女檀ふみさん
  • 次女

となり、檀ふみさんは5人兄弟の4番目の子供で長女になります。

5人兄弟の中で、著名なのは長男・檀太郞さんと長女・檀ふみさんの2人ですが、あとの3人は一般人です。

しかし、次男・檀次郎さんは、5歳のときに日本脳炎にかかっており、わずか14歳で亡くなっています。

長男・檀太郞さんは、エッセイスト、CMディレクターとして活躍しています。

エッセイストとしては、文壇を代表する料理人として知られ、友人や編集者を自宅に招いて、料理を振る舞っていたという父親・檀一雄さんの遺志を継いで、『檀流ワイルドクッキング』(1983)などのエッセイの出版や講演活動をしています。

もともと檀太郞さんは、若い頃いくつかの挑戦をしており、俳優座養成所に入り俳優を志したり、南米を放浪したりしていました。

その後、大手広告代理店に入社して、CMディレクターになっています。

3.まとめ

この記事では、檀ふみさんの家族について、父親は大作家というのは本当か、母親はどんな人か、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにしてきました

檀ふみさんの父親は、偉大な作家・檀一雄さんだったことを知らなかった人もいれば、檀ふみさんが二世芸能人だったことに驚いた人もいたのではないでしょうか。

更に、檀一雄さんには2人の妻がいましたが、前妻・律子さんが早世し後妻・ヨソ子さんと再婚したため、檀ふみさんが生まれました。

檀ふみさんは、5人兄弟の4番目の長女だということもわかりました。

また、次男・檀次郎さんが亡くなったとき、檀ふみさんは10歳くらいだったので、とてもつらい思いをしたのではないでしょうか。

檀ふみさんの今後益々のご活躍を期待しています。

米倉涼子の家族に医者がいる!?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://music.oricon.co.jp/

米倉涼子(よねくらりょうこ)さんといえば、主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズが高視聴率を獲得したことから、すっかりお茶の間の人気者になりました。

米倉涼子さんが『ドクターX~外科医・大門未知子~』に続き、主演するドラマが、2018年10月11日木曜21時からスタートする『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子(たかなししょうこ)~』です。

そんな米倉涼子さんの家族には医者がいるという噂がありますが、米倉涼子さんの家族はどんな人たちなのでしょうか。

そこで、この記事では米倉涼子さんの家族に医者はいるのか、両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟姉妹はいるのかについてご紹介します。

1.米倉涼子の家族に医者がいた!?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

出典:https://www.excite.co.jp/

2012年からスタートしたテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』において、米倉涼子さんは主演を務め、主人公・大門未知子(だいもんみちこ)を演じて、高視聴率を獲得したことから、米倉涼子さんにとってこの作品は代表作となりました。

そんな米倉涼子さんの家族には、医者がいました。

米倉涼子さんの祖父は、なんと医者だったのです。

そのため、米倉涼子さんも医者を志したことがあったそうですが、芸能界入りして女優となり、成功を収めました。

祖父が医者だったことが、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』で米倉涼子さんが演じた外科医・大門未知子が当たり役になった要因の1つかもしれません。

米倉涼子さんの家族は、両親(父親、母親)、弟、米倉涼子さんの4人家族です。

しかし、米倉涼子さんの父・米倉保美(よねくらやすみ)さんは、2005年に57歳で亡くなっています。

父・米倉保美さんは大学時代、ゴルフ部に所属しており、生前は東京都内のホテルで働いていました。

米倉涼子さんの母親は英語教師をしており、米倉涼子さんも習っていたことから、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』で成功できた要因の1つかもしれません。

更に米倉涼子さんの母親はフルートも習っており、さまざまな舞台で披露しています。

米倉涼子さんの4歳年下の弟は、身長180cm以上のイケメンで、姉・米倉涼子さんと同じ神奈川県立旭高校出身です。

現在、米倉涼子さんの弟は、ドイツのスポーツ用品メーカーとして知られる「アディダス」の社員です。

米倉涼子さんと弟の姉弟仲はとっても良いようで、喧嘩することはなく、一緒に飲みに行くこともあるそうです。

米倉涼子さんの実家は資産家という噂がありましたが、祖父が医者で父がホテルマンですから、それなりの資産家でお金持ちなのかもしれません。

2.まとめ

この記事では、米倉涼子さんの家族に医者はいるのか、両親(父親・母親)はどんな人で兄弟姉妹はいるのかについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

外科医・大門未知子役を演じた米倉涼子さんの祖父が医者だったことは大変興味深いですし、運命的なものを感じてしまいますね。

ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の中では、主人公・大門未知子の家族は出てきませんが、米倉涼子さんは4人家族の長女でした。

米倉涼子さんの父親は若くして亡くなっていますが、残された3人の家族は仲良くやっているようです。

米倉涼子さんとご家族の幸せを祈っております。

長谷川豊アナはどんな人?身長・体重、出身中学校・高校・大学等経歴、嫁(妻)と子供、実家の家族、両親、兄弟はいるの?

出典:https://snjpn.net/

長谷川豊(はせがわゆたか)アナをご存じでしょうか?

長谷川豊アナは元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活動しています。

そんな長谷川豊アナが自身の公式ブログ『本気論 本音論』にある記事を投稿したところ、長谷川豊アナへの批判が殺到し、ネット上で大炎上しており、テレビの全レギュラー番組を降板させられるという事態に発展しています。

長谷川豊アナが問題の記事を自身のブログに投稿したのは、2016年9月19日のことで記事タイトルは、

「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」

という過激なものでした。

読んでいない方は、ぜひ読んでいただきたいと思いますが、長谷川豊アナのこの記事の内容は本当にひどいものです。

多くの批判を受けて、タイトルを次のように修正していますのでご注意ください。

「医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」

しかし、記事タイトルは修正していますが、本文はまったく修正しておらず、長谷川豊アナに反省の色は見られません。

こんな記事を平気でブログに投稿するような人物が、テレビなどのメディアに出演して、自分の過激な意見を発言しているなんて、本当に信じられません。

更に長谷川豊アナは、このブログ記事を投稿したことによって、ネット上で大炎上しているにもかかわらず、すぐに自分の非を認めずに、火に油を注ぐような反論を繰り返しているので、炎上が収まる気配がありません。

そこで、この記事では長谷川豊アナはどんな人なのかを、身長・体重、出身中学校・高校・大学等経歴、嫁(妻)と子供はいるのか、実家の家族、両親はどんな人で、兄弟はいるのかについて、ご紹介することによって明らかにします

1.長谷川豊アナはどんな人?身長・体重、出身中学校・高校・大学等プロフィール及び経歴

名前:長谷川豊(はせがわゆたか)

生年月日:1975年8月12日(現在41歳)

出身地:奈良県奈良市(あやめ池南7丁目)

身長:178cm

体重:76kg

血液型:B型

星座:しし座

趣味:舞台鑑賞、ゴルフ

座右の銘:「伝わる」ように「伝える」

出身中学校洛星(らくせい)中学校(京都府京都市)

出身高校日生学園第一高校現・桜丘高校)(三重県伊賀市)

出身大学立命館大学産業社会学部(情報・メディアコース メディアリテラシー専攻)(京都府京都市)

(1)長谷川豊アナのフジテレビアナウンサー時代 ~ 降格処分、退職後、フリーアナウンサーへ

長谷川豊アナは、大学卒業後の1999年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社し、入社2年目の2000年から朝のワイドショー・情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』の担当に就任しました。

入社12年目の2010年9月16日付けで人事異動により、佐野瑞樹(さのみずき)アナの後任としてニューヨーク支局に赴任することになり、『情報プレゼンター とくダネ!』を降板しています。

2012年6月12日、長谷川豊アナが「業務の規定に違反し、ニューヨーク滞在関連費用の不正使用があった」ことが発覚し、降格処分され、アナウンス職を解任されます。

長谷川豊アナは本社人事局付となった後、編成制作局編成情報センター著作権契約部に配属されましたが、翌2013年4月1日に退職しました。

ちなみに、フジテレビの最後の部署にいたときに、仕事上必要だったことから、2012年11月にビジネス著作権検定初級に合格したそうです。

2013年6月7日に公式サイトを立ち上げるとともに、アメーバブログ『長谷川豊アナの夢の日を越えていこう!』を開設し、フリーアナウンサーとして活動を開始します。

フリーアナウンサーへ転向後、初仕事となったのが、2013年7月13日公開の映画『生贄のジレンマ』の公開記念舞台挨拶の司会でした。

また、この映画のプロモーション映像においては、アナウンサー役として出演しています。

2013年10月からは、TOKYO MXのワイドショー・情報番組『ニッポン・ダンディ』の毎月第1水曜のレギュラーMCを担当することになります。

テレビ大阪のトークバラエティ番組『たかじんNOマネー』では、ゲスト出演ながらも毒舌ぶりを発揮し、話題になりました。

2014年4月1日からは、『ニッポン・ダンディ』の後継番組として始まった『バラいろダンディ』の月~水曜のMCに抜擢され、翌4月2日にはライブドアブログ『本気論 本音論』を立ち上げています。

2015年3月からはテレビ大阪の報道番組『ニュースリアルFRIDAY』において、メインキャスターを務めることになります。

(2)長谷川豊アナのキャラクターとは?

高校時代の長谷川豊アナは柔道部に入部して、初段の腕前だったそうです。

高校3年生の頃にはアナウンスの実力の片鱗を見せており、国民文化祭の朗読大会で全国優勝し、全国高等学校総合文化祭の弁論大会で全国3位になるなど優秀な成績を残しています。

大学時代、関西テレビにアナウンサーとして入社すべく、東京アナウンスアカデミーに高速バスで通っていた長谷川豊アナでしたが、結局最初に内定をもらったフジテレビに入社しています。

同期入社のアナウンサーには、大橋マキアナと内田恭子(うちだきょうこ)アナがいます。

大橋マキアナは、健康上の理由から、入社後わずか2年で退社していますが、渡英して帰国後、結婚しています。

内田恭子アナは婚約したため、2003年3月に寿退社しており、現在はフリーアナウンサーとして活躍しています。

また、長谷川豊アナは日本維新の会の熱烈な支持者であることを明らかにしています。

さらに、長谷川豊アナは一般社団法人医信の理事を務めています。

一般社団法人医信は「メディカルリテラシーを育む」という理念のもと、若手医師を中心に2016年6月に結成された団体のようです。

2.長谷川豊アナは結婚してた!?嫁(妻)はどんな人?子供はいるのか?

長谷川豊アナは結婚しているのでしょうか?

既婚者なら嫁(妻)はどんな人で、子供はいるのでしょうか?

興味のある方は多いと思いますので、調べた結果をご紹介します。

長谷川豊アナはフジテレビ入社1年目に結婚しており、嫁(妻)と子供が3人いますので、5人家族です。

長谷川豊アナの嫁(妻)についてはほとんど情報がなかったことから、名前はわからず、画像もありませんでしたが、ニューヨーク滞在関連費用の不正使用が発覚し、夫・長谷川豊アナがフジテレビを退社する際にも気丈に振る舞って、家族を支えてくれたようです。

しかし、人工透析患者を中傷していると思われるような記事を投稿した結果、大炎上を引き起こし、その対応のまずさからすべてのレギュラー番組を失ってしまった夫・長谷川豊アナの現状を妻として、どう受け止めているのでしょうか。

もし、自分の夫が長谷川豊アナと同じような状況に陥ったら、ついていくことができずに離婚を考えてしまう人が多いのではないでしょうか。

また、長谷川豊アナの3人の子供は2男1女で、長男、次男、長女の順になります。

長男は高校1年生、次男は小学6年生、長女は小学校低学年くらいのようです。

3人の名前ですが、長男と次男はわからなかったのですが、長女は「うめこ」か「こうめ」ちゃんということがわかりました。

ちなみに、長谷川豊アナの自宅は一軒家で、35年ローンなのだそうです。

果たして、レギュラー番組をすべて降板させられた長谷川豊アナは復活することができるのでしょうか。

長谷川豊アナの現在の姿勢では、再びフリーアナウンサーとして成功することは難しいのではないでしょうか。

今回の騒動に限らず、これまでの長谷川豊アナの言動やブログからは、わざと炎上を狙って過激なことを言っているとしか思えません。

今回の件で、こうしたやり方が間違っていることを思い知ったのではないかと思いますので、2度とこのような不快な記事をブログに掲載しないでほしいです。

3.長谷川豊アナの実家の家族は?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟はいるの?

長谷川豊アナの実家(奈良県奈良市)の家族については、ほとんど情報がなかったのですが、ご紹介します。

長谷川豊アナには姉がいることはわかりましたが、他に兄弟姉妹がいるのかは不明です。

したがって、長谷川豊アナの実家の家族は、両親(父親・母親と姉、長谷川豊アナの4人家族か、5人以上の家族だと思われます

長谷川豊アナの父親は英語とドイツ語を話すことができるかなり優秀な人で、家族を大切にし、今でいう“イクメン”だったらしく、いろいろなことを教えてくれたそうです。

一方、長谷川豊アナの母親は子供が勉強などうまくできたときは、思いっきりほめて、いけないことをしたら、ちゃんと叱るというメリハリのある育て方をしてくれたそうです。

このような教育法のおかげか、長谷川豊アナの姉は、偏差値で全国1位になったことがあるそうです。

4.まとめ

この記事では、長谷川豊アナはどんな人なのかを、身長・体重、出身中学校・高校・大学等経歴、嫁(妻)と子供はいるのか、実家の家族、両親はどんな人で、兄弟はいるのかについてご紹介することによって、明らかにしました

長谷川豊アナは、フジテレビアナウンサー時代、決して知名度は高くなく、人気アナというにはほど遠いアナウンサーでした。

そんな長谷川豊アナが、「ニューヨーク滞在関連費用の不正使用があった」ことが発覚したことによって、フジテレビを退社し、フリーアナウンサーになって、多くのレギュラー番組を持つことができるようになったのは、その毒舌といわれる言動やブログで過激な主張を繰り返すことが受けたためでした。

しかし、ネットでの炎上を狙っているかのような過激な手法は、今回の人工透析患者に関するブログ記事騒動によって、すべての仕事を失うリスクがあることが、長谷川豊アナにもわかったのではないでしょうか。

長谷川豊アナには、家族を養っていくためにも改心して、また一からやり直してほしいと思います。