宮沢氷魚の身長や年齢等プロフを調査!性格やハーフかクォーターかをチェック!

出典:https://dogatch.jp/

宮沢氷魚(みやざわひお)さんをご存知でしょうか。

男性向けファッション誌『MEN’S NON-NO(メンズノンノ)』のモデルを務める宮沢氷魚さんは、最近俳優としても活躍しています。

そんな宮沢氷魚さんが、7月10日から放送される日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』で主演の杏(あん)さん演じる主人公の相手役に抜擢されたことから、一躍脚光を浴びています。

そこで、この記事では宮沢氷魚さんの身長や年齢等プロフィールを調査すると共に、どんな性格でハーフかクォーターかをチェックすることによって、宮沢氷魚さんがどんな人なのかを明らかにします。

<関連記事>
宮沢氷魚は本名か芸名か?熱愛彼女や結婚・好きな女性のタイプを調査!

1.宮沢氷魚の身長や年齢等プロフィール

出典:https://www.mensnonno.jp/

名前:宮沢氷魚(みやざわひお)

本名:宮沢氷魚(みやざわひお)

生年月日:1994年4月24日(現在の年齢:25歳

出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ(東京都育ち)

身長:184cm

スリーサイズ:B86cm W71cm H92cm

足のサイズ:28.5cm

血液型:不明

星座:牡牛座(おうしざ)

趣味:野球(観戦)、釣り

特技:陸上、クロスカントリー、サッカー、英語、野球

資格:普通自動車第一種運転免許

好きな色:青

好きな季節:春

好きなプロ野球チーム:横浜DeNAベイスターズ

好きな本:『いちご同盟』(三田誠広(みたまさひろ)著)

好きな映画:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『50回目のファースト・キス』

好きなファッションブランド:ポール・スミス(イギリス)

好きな音楽:ポリス(イギリスのロックバンド)

好きな食べ物:牛タン、センマイ、カルボナーラ、タピオカミルクティー

好きな言葉:「Whatever you are, be a good one.」(どのような状況においても、良い人間であるべき)、変化

憧れの人:阿部寛(あべひろし、『MEN’S NON-NO(メンズノンノ)』出身)

所属事務所:レプロエンタテインメント

(1)宮沢氷魚の名前の由来とは?

宮沢氷魚さんの「氷魚(ひお)」という名前はめずらしいですし、読み方も難しいですよね。

この名前の由来については、いくつかのインタビューで宮沢氷魚さん本人が語っています。

宮沢氷魚さんによると、「氷魚」とは「鮎の稚魚」のことで琵琶湖の特産品だそうです。

「氷魚」は琵琶湖の厳しい環境の中でも生きていることから、息子・宮沢氷魚さんがどんなに環境が変化しても対応していけるようにという意味で、父親が付けてくれたそうです。

とても印象的な名前なので、初対面の人でもかえって覚えてくれやすいかもしれませんね。

2.宮沢氷魚の生い立ちと経歴!幼少期の画像がかわいい!?

宮沢氷魚さんはある有名な男性アーティストの息子さんなので、2世芸能人です。

しかし、父親が歌手であるのに対して、宮沢氷魚さんはモデル、俳優として活躍しています。

そのため、決して親の七光りというわけではないと思われます。

そんな宮沢氷魚さんの生い立ちと経歴をご紹介します。

(1)宮沢氷魚の生い立ちとは?幼少期の画像がかわいい!

出典:https://www.mensnonno.jp/

これは宮沢氷魚さんの幼少期の画像ですが、かわいくないですか。

宮沢氷魚さんは、かつて大人気を誇った4人組ロックバンド「THE BOOM(ザ・ブーム)」のボーカルだった宮沢和史(みやざわかずふみ)さんとタレントの光岡ディオン(みつおかディオン)さんの間に長男として生まれました。

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ、東京都育ちの宮沢氷魚さんは、幼稚園から高校までインターナショナルスクールに通いました。

母親・光岡ディオンさんが日本人とアメリカ人のハーフだったことから、両親が息子・宮沢氷魚さんをインターナショナルスクールに通わせたのかもしれません。

インターナショナルスクール卒業後、宮沢氷魚さんはアメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校に留学しています。

そのため、宮沢氷魚さんは日本語と英語を話せるバイリンガルなのです。

アメリカ留学後、国際基督教(きりすときょう)大学(ICU)に編入した宮沢氷魚さんは、同大学3年生だった2015年、毎年開催される第30回『MEN’S NON-NO(メンズノンノ)』専属オーディションでグランプリを獲得します。

(2)宮沢氷魚の経歴とは?モデルデビュー~俳優としてブレイク中!

2015年9月発売の男性向けファッション誌『MEN’S NON-NO』10月号で、宮沢氷魚さんは30代目専属モデルとしてデビューしています。

実はモデルデビュー前の同年6月に現在の所属事務所であるレプロエンタテインメント入りしていた宮沢氷魚さんですが、アメリカ留学中に自ら履歴書を事務所に送ったと言います。

もともと芸能界が嫌いだったという宮沢氷魚さんが一転して芸能界入りしたいと思うようになったのは、父親・宮沢和史さんの影響だったようです。

というのは、宮沢氷魚さんは数年前に見た父親・宮沢和史さんのライブがきっかけで、人前でパフォーマンスするスゴさに気づかされたことから、自分もやってみたいと思うようになったからです。

モデルデビュー後、大学に通いながらモデル活動をしていた宮沢氷魚さんですが、2017年3月に国際基督教大学を卒業します。

そんな宮沢氷魚さんに遂に大きなチャンスが巡ってきます。

2017年10月から放送のTBS系ドラマ『コウノドリ』で俳優デビューすることが決まったのです。

しかも、ドラマ初出演にしてレギュラー出演です。

この『コウノドリ』への俳優デビューをきっかけに、宮沢氷魚さんの快進撃が始まります。

次のクールの2018年1~3月に放送された日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻(キス)』に出演すると、宮沢氷魚さんは同年6月27日放送のNHK BSプレミアムの神奈川発地域ドラマ『R134/湘南の約束』でドラマ初主演を果たします。

更に宮沢氷魚さんは、翌7月公演の舞台『BOAT』で舞台初出演にして初主演に抜擢されたのです。

そして、2019年7月10日からスタートする日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』で主人公の杏(あん)さんの相手役の年下イケメン役に宮沢氷魚さんが抜擢されました。

このドラマをきっかけに宮沢氷魚さんは更なるブレイクを果たすのではないでしょうか。

3.宮沢氷魚の性格やハーフかクォーターかをチェック!

宮沢氷魚さんは2016-2017年の「JR SKI SKI」のテレビCMで、ヒロイン役の桜井日奈子(さくらいひなこ)さんの相手役を務めたことから、このCMが印象に残っている人も多いようです。

当時、宮沢氷魚さんは「フローズン男子」と呼ばれ、話題になりました。

このCMの中で、ゲレンデで転んだ桜井日奈子さんを「へたくそ」と言いながらも手を差し伸べる宮沢氷魚さんの姿が、ツンデレでかっこいいと大きな話題になりました。

ただ、このCMは演技なので、宮沢氷魚さんの本当の性格についてはわかりません。

そこで、ここでは宮沢氷魚さんはどんな性格なのかに迫るとともに、宮沢氷魚さんはハーフなのか、それともクォーターなのかをチェックしたいと思います。

(1)宮沢氷魚の性格とは?

宮沢氷魚さんは、あるインタビューで自分の性格について「めちゃくちゃ負けず嫌い」と答えています。

子供の頃から野球やサッカー、クロスカントリーなど多くのスポーツをやってきた体育会系ということもあって、めちゃくちゃ負けず嫌いという性格には納得できますよね。

ただ、見た目の雰囲気からはそんなに激しい性格には見えないので、宮沢氷魚さんは決して表に出すタイプではなく、心にに秘めておくタイプのようです。

このような負けず嫌いの性格は、宮沢氷魚さんのように俳優として成功することを目指している人にとってはとても良い性格ではないかと思います。

また、宮沢氷魚さんには「心配性」なところや「回りの人が自分をどう思っているのかを気にしてしまう」ところがあるようです。

前者については気にしすぎると良くないかもしれませんが、程ほどであれば、ないよりはあったほうがいい性格ではないかと思います。

一方、後者については、SNSなどを気にしすぎてしまうと俳優として良くないと思うので、こちらも程ほどに気にするくらいがちょうどいいのではないかと思われます。

(2)宮沢氷魚はハーフかクォーターか?

宮沢氷魚さんはその外見からハーフに見られることが多いようですが、実際はどうなのでしょうか。

既にご紹介したとおり、宮沢氷魚さんは4人組ロックバンドTHE BOOMのボーカル・宮沢和史さんとタレントの光岡ディオンさんの息子さんです。

父親・宮沢和史さんは日本人で、母親・光岡ディオンさんは日本人とアメリカ人のハーフですから、宮沢氷魚さんはクォーターということになります。

モデルや女優さんの中には、ハーフの方がけっこう活躍しているという印象がありますが、俳優の中でハーフやクォーターの方が活躍しているという印象はあまりないので、宮沢氷魚さんの需要はけっこうあるのではないでしょうか。

宮沢氷魚さん自身もクォーターという個性を強みにしていきたいと語っているので、大いに活躍してほしいと思います。

更に宮沢氷魚さんは日本語と英語を話せるバイリンガルのため、国際的に活躍できる可能性があります。

宮沢氷魚さんには海外のドラマや映画にも出たいという野望があるようですので、日本で成功したら、ぜひ海外にも進出してほしいと思います。

4.まとめ

この記事では、宮沢氷魚さんの身長や年齢等プロフィールを調査すると共に、どんな性格でハーフかクォーターかをチェックすることによって、宮沢氷魚さんがどんな人なのかを明らかにしてきました。

宮沢氷魚さんの父親は宮沢和史さんなので、2世芸能人ということになります。

しかし、2世芸能人はなかなか大成できないと言われている中で、宮沢氷魚さんはわずか数年で民放の連続ドラマのヒロインの相手役に抜擢されました。

そんな宮沢氷魚さんはアメリカ生まれの日本育ちのクォーターで、アメリカの大学に留学経験のあるバイリンガルでもあります。

2世芸能人でクォーター、モデルで俳優という宮沢氷魚さんの活躍できる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

宮沢氷魚さんの今後更なるご活躍を期待しています。

米倉涼子の年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴は?本当はどんな性格?【画像あり】

出典:https://dot.asahi.com/

米倉涼子(よねくらりょうこ)さん主演の新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』が、2018年10月11日木曜21時から始まります。

米倉涼子さん演じる「小鳥遊翔子」の読み方は、「たかなししょうこ」になります。

これまで毎週木曜21時放送の米倉涼子さん主演のドラマといえば、言わずと知れた『ドクターX~外科医・大門未知子~』でしたが、テレビ朝日、米倉涼子さんの新たな挑戦として、新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』がスタートすることになりました。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』の5シリーズは、高視聴率を維持してきた(1:19.1%、2:23.0%、3:22.9%、4:21.5%、5:20.9%)だけに、新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の初回視聴率が大変注目されています。

そこで、この記事では米倉涼子さんがどんな人なのかを、米倉涼子さんの年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴や本当はどんな性格なのかをご紹介することによって、明らかにしたいと思います。

1.米倉涼子の年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等プロフィール及び経歴とは?【画像あり】

出典:https://www.asahi.com/

名前:米倉涼子(よねくらりょうこ)

生年月日:1975年8月1日(現在の年齢:43歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:168cm

体重:45kg

スリーサイズ:B84-W58-H85cm

血液型:B型

星座:しし座

特技:クラシックバレエ

愛読書:クリスチャン・ジャック著『太陽の王ラムセス』

<学歴>

出身中学校:横浜市立南希望が丘中学校(横浜市旭区)

出身高校:神奈川県立旭高校(横浜市旭区)

所属事務所:オスカープロモーション

2.米倉涼子の名前の由来と生い立ちとは?【画像あり】

出典:https://chicks-talk.com/

米倉涼子さんの「涼子」という名前の由来については、米倉涼子さん本人が明らかにしています。

米倉涼子さんは、1975年8月1日に神奈川県横浜市に生まれていますが、その日はものすごく暑い日だったため、名前だけでも涼しくしようということで両親から「涼子」と名付けられたと語っています。

小中学校、高校まで地元・横浜で過ごしたという米倉涼子さんは、5歳から15年間、クラシックバレエに打ち込んでいました。

神田うの(かんだうの、一学年上)さんとは、地元が近かった(神奈川県川崎市出身)ことから、中学1年生の時に横浜のバレエ教室で一緒にレッスンを受けていたことがあります。

米倉涼子さんは高校卒業後、英語の専門学校か、ペットトリマーの専門学校に進学したいと思っていました。

3.米倉涼子は、本当はどんな性格?【画像あり】

出典:https://news.biglobe.ne.jp/

米倉涼子さんは、ドラマの中では「私、失敗しないので」「いたしません」と強気一辺倒の外科医・大門未知子を演じていますが、本当は暗い性格で、自信など持ったことがないと自身で語っています。

2004年10~12月放送の『松本清張 黒革の手帖』で米倉涼子さんと出会い、連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』でもゼネラルプロデューサーを務めているテレビ朝日の内山聖子(うちやまさとこ)さんは、米倉涼子さんの性格を「もの凄く小心者」ですが、繊細さと大胆さを持ち合わせていて、それが彼女の強さであり、良いところでもあると分析しています。

米倉涼子さんといえば、悪女役が印象的で、姉御肌のイメージが強いですが、米倉涼子さん自身は悪女ではなく、姉御肌でもなく、相談を受けることはほとんどないと言います。

ゼネラルプロデューサーの内山聖子さん曰く「姉御肌というより、甘えっ子」だそうです。

また、米倉涼子さんは、仕事に対して、ストイックすぎるというくらい努力を惜しまない性格のようです。

ストイックだからこそ、2012年7月に上演した全編英語のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』を成功させることができたのだと思います。

4.米倉涼子、モデルデビューから大人気女優へと駆け上がる!!【画像あり】

出典:https://www.zakzak.co.jp/

1992年、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞したことをきっかけに、翌1993年にモデルデビューした米倉涼子さんは、1995年に女性ファッション誌『CanCam』(キャンキャン、小学館)の専属モデルとなり活躍しましたが、1999年に卒業しています。

1999年6月30日、米倉涼子さんは「女優宣言」を発表し、女優として活躍する決意をしています。

2000年1~3月放送のTBS系連続ドラマ『恋の神様』で、女優としてデビューした米倉涼子さんにとって、転機になったのは、2001年7~9月に放送されたフジテレビ系連続ドラマ『非婚家族』に出演し、主演の真田広之(さなだひろゆき)さんと共演したことでした。

真田広之さんといえば、子役としてデビュー後、アクションスターとして活躍し、演技派俳優として日本国内で数多くの映画やドラマで活躍したあと、世界進出し、今やハリウッドで活躍している日本を代表する大物俳優です。

ちなみに、真田広之さんが日本の地上波のテレビドラマに出演したのは、今のところ、この『非婚家族』が最後となっています。

この連ドラ『非婚家族』で、米倉涼子さんは真田広之さんと再婚した妻役を演じましたが、真田広之さんに芝居を教えてもらいました。

米倉涼子さんは芝居を熱心に教えてくれる真田広之さんの姿を見て、「真田広之さんのような芝居が好きな役者になりたい」と決意しました。

この決意を裏付けるかのように、米倉涼子さんは2002年4~6月放送のフジテレビ系連続ドラマ『整形美人。』において、連ドラ初主演を果たすと、翌2003年にはNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』への出演が決まり、NHK大河ドラマ初出演を果たしています。

それ以来、米倉涼子さんは女優として、数多くのドラマや映画で大活躍していますが、中でも代表的なドラマとしてはテレビ朝日系「米倉涼子×松本清張 3部作」が挙げられます。

テレビ朝日系「米倉涼子×松本清張 3部作」とは、連続ドラマ『松本清張 黒革の手帖』(2004年10~12月)、『松本清張 けものみち』(2006年1~3月)、『松本清張 わるいやつら』(2007年1~3月)のことで、米倉涼子さんは3作とも主演を務めるとともに、3作とも悪女を演じ、演技の幅を広げています。

5.米倉涼子、舞台でも活躍し念願のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』で主演!!

米倉涼子さんは舞台での活躍も目覚ましく、初舞台を踏んだのは2006年10月に明治座で上演された舞台版『黒革の手帳』で、主演を務め好評を博しました。

2009年5月には再び明治座で「松本清張生誕100周年記念」として、再演されています。

2008年には、米倉涼子さんの代表作となるミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』日本版に主演します。

ミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』は、米倉涼子さんにとって初主演のミュージカルとなりましたが、もともと大好きな作品だったため、いつか演じてみたいと自身で語っていました。

2012年には、米倉涼子さんが長年夢見ていた米ニューヨークのブロードウェイミュージカル『CHICAGO』の主演に抜擢され、日本での発表記者会見では、涙を流しました。

米倉涼子さん主演のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』は、2012年7月に上演されましたが、アジア人がアメリカ人役を演じるのは、ブロードウェイ史上初めてのことでした。

また、全編英語の舞台だったため、米倉涼子さんは舞台の稽古と平行して、英語レッスンにも取り組みました。

この舞台をきっかけに、米倉涼子さんの英語は飛躍的に上達し、『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第4弾で、初の海外ロケでニューヨークを行った際には、通訳を務めたほどです。

6.まとめ

この記事では、米倉涼子さんがどんな人なのかを、米倉涼子さんの身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴や本当はどんな性格なのかをご紹介することによって、明らかにしてきました。

タイトルの『ドクターX~外科医・大門未知子~』と『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を比べてみると、タイトルの並び方がよく似ていますよね。

何か狙いがあるのかどうかはわかりませんが、米倉涼子さんが演じる主人公は、外科医から元弁護士に変わります。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』で米倉涼子さんが演じた外科医は医師免許を持っていましたが、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』では、資格を剥奪された元弁護士を演じます。

この設定だけでも期待してしまいますが、どのようにストーリーが展開されていくのか、とても楽しみです。

米倉涼子さんの今後更なるご活躍を期待すると共に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を楽しみにしています。