木嶋真優の学歴(出身中学校・高校・大学)、実家の家族(両親、兄弟姉妹)は?

出典:https://mainichi.jp/

最近、高嶋ちさ子(たかしまちさこ)さんや千住真理子(せんじゅまりこ)さんといった有名なヴァイオリニストの方々が、テレビのバラエティ番組などによく出演するようになりましたよね。

高嶋ちさ子さんに至っては、番組のMCを務めることもあります。

そんな中、世界的な若手ヴァイオリニストであるにもかかわらず、テレビのバラエティ番組での言動により脚光を浴びているのが木嶋真優(きしままゆ)さんです。

そこで、この記事では木嶋真優さんがどんな人なのかを、学歴(出身中学校・高校・大学)、実家の家族について両親はどんな人なのか、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって、明らかにします

<関連記事>
木嶋真優はどんな人?身長・体重、年齢、血液型等経歴と生い立ちとは?

1.木嶋真優の学歴(出身中学校・高校・大学)は?

3歳からヴァイオリンを始め、世界的ヴァイオリニストとして活躍している木嶋真優さんの学歴は、どのようなものだったのでしょうか。

ここでは、木嶋真優さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介します。

木嶋真優さんは小中高一貫校として知られる小林(おばやし)聖心女子学院(兵庫県宝塚市)出身で、小学校から入学しています。

小林聖心女子学院はカトリック系聖心会のミッションスクールで、お嬢様学校として知られています。

しかし、木嶋真優さんが小林聖心女子学院に通っていたのは、中学2年生の途中まででした。

というのは、中学2年生の途中から木嶋真優さんはドイツのケルン大学ヤングコースへ留学したからです。

小学生の頃からさまざまなコンクールでその実力を発揮して、注目を浴びていた木嶋真優さんは、当時来日していたケルン音楽大学のザハール・ブロン教授から留学を薦められたのです。

ケルン音楽大学留学後も国際コンクール等で多くの実績を残した木嶋真優さんは、2012年ケルン音楽大学を首席で卒業します。

更に大学院も首席で卒業した木嶋真優さんは、その後世界的ヴァイオリニストとして活躍することになります。

ヴァイオリニストとしては、すばらしい学歴ですよね。

バラエティ番組に出演しているときの木嶋真優さんからは想像できないかもしれませんが、木嶋真優さんは本当にすごいヴァイオリニストなのです。

2.木嶋真優の実家の家族、両親はどんな人?兄弟姉妹はいるのか?

木嶋真優さんが世界的ヴァイオリニストになれたのは、ひとえに木嶋真優さん本人の努力と才能によるところが大きいと思いますが、家族によるサポートも大きな要因のひとつだと思います

そこで、ここでは木嶋真優さんの家族について、両親(父親・母親)はどんな人で、兄弟姉妹はいるのかをご紹介します

木嶋真優さんの両親については、木嶋真優さんが14歳の時に受けた次のインタビューで語っています。

――ヴァイオリンを始めた経緯から話して下さい。

母(真理さん)がピアノを弾きますし、父(正憲さん)も音楽が大好き。3歳半のとき何かやらせようということになったんですが、手が小さくピアノは早過ぎる。小型もあるヴァイオリンをと始めたんです。母に言わせると、いつも練習を始めるまでくずぐずしてたそうですが、弾き出すと夢中になったらしい。でも小学校2年からは自分の意思で弾くように変わりました。きっかけは、94年6月に受けた五嶋みどりさんの公開レッスン。彼女が協奏曲を弾く舞台やリサイタルを聴いたことがあり、すごく透明感のある音色が大好きで、憧れていました。実際の五嶋さんは、音楽がとても好きですごく優しい人。私を子供でなく、一人の演奏家として扱ってくれました。ヴァイオリニストになろうと決めたのはこの時。その後、いろんなコンクールで金賞をもらって、さまざまな舞台も踏ませてもらっています。

出典:http://phoenixhall.jp/

木嶋真優さんの父親は正憲さん、母親は真理さんです。

母親の木嶋真理さんは「ピアノを弾きます」と木嶋真優さんは語っていることから、職業としてピアノをしているのか、趣味としてなのかはよくわかりません。

一方、父親の木嶋正憲さんは「音楽が大好き」と語っていることから、音楽を職業としているわけではなさそうです。

このように両親とも音楽が身近だったことから、娘の木嶋真優さんがヴァイオリンを始めるきっかけにはなったのではないでしょうか。

更に、両親が娘の木嶋真優に3歳からヴァイオリンを習わせていることや小中高一貫の私立校に入学させていることから、木嶋家はそこそこ裕福な家庭だったのではないかと思います。

次に木嶋真優さんに兄弟姉妹がいるのかについてですが、どうやら一人っ子のようです。

子供の頃の木嶋真優さんは寂しかったかもしれませんが、両親からのサポートは十分に受けられたかもしれません。

3.まとめ

この記事では、木嶋真優さんがどんな人なのかを、学歴(出身中学校・高校・大学)、実家の家族について両親はどんな人なのか、兄弟姉妹はいるのかをご紹介することによって明らかにしました

世界的ヴァイオリニストである木嶋真優さんの学歴(出身中学校・高校・大学)と実家の家族については、非常に気になるところだったと思います。

木嶋真優さんのバラエティ番組での驚きのエピソードを聞くとなんとなくわかると思いますが、木嶋真優さんは生粋のお嬢様だと思われます。

そのことは、この記事でご紹介した木嶋真優さんの学歴と家族を見れば、おわかりいただけたのではないでしょうか。

木嶋真優さんの学歴は実に華麗なもので、小中高一貫校である小林聖心女子学院に入学し、中学2年生まで在学、その後ドイツのケルン音楽大学に留学して、最終的には首席で卒業すると共に大学院も首席で卒業しています。

木嶋真優さんを支え、ヴァイオリンを始めるきっかけを与えたのが父親・正憲さんと母親・真理さんでした。

兄弟姉妹のいない木嶋真優さんですが、世界的ヴァイオリニストになるためには、一人っ子でよかったかもしれません。

木嶋真優さんの今後更なるご活躍を期待しています。

竹内太一「土佐料理 司」社長の年齢等経歴、学歴(出身高校・大学)、家族(嫁(妻)、子供)は?

出典:https://www.gourmetcaree.jp/

2019年5月30日(木)22時から放送されるテレビ東京系『カンブリア宮殿』には、老舗料理店「土佐料理 司」の3代目社長である竹内太一(たけうちたいち)さんが出演されます。

というのは、「土佐料理 司」社長・竹内太一さんは、高知県の郷土料理を「土佐料理」のブランド化を徹底させることによって、地域の活性化に大きな役割を果たしているからです。

そこで、この記事では「土佐料理 司」社長・竹内太一さんとはどんな人物なのかを、年齢等経歴、学歴(出身高校・大学)をご紹介することによって、明らかにします

1.竹内太一「土佐料理 司」社長の年齢等プロフィール及び経歴

(1)竹内太一「土佐料理 司」社長の年齢等プロフィール

名前:竹内太一(たけうちたいち)

出身地:高知県高知市

生年月日:1953年8月18日(現在の年齢:65歳

竹内太一さんは1953年、高知県高知市に竹内家の長男として生まれています。

竹内太一さんには姉と妹がいますから、3人兄弟の2番目になります。

竹内太一さんは生まれたときから、「土佐料理 司」の3代目になることが宿命づけられていたのかもしれません。

(2)「土佐料理 司」の歴史とは

「土佐料理 司」の前身となる料理店「新京橋ねぼけ」を高知市に創業したのは、竹内太一さんの祖父・小松牛次さんで1917年(大正6年)のことでした。

その跡を継いだのが竹内太一さんの父・竹内和夫さんで、1964年(昭和39年)高知市内に「土佐料理 司」を開業しています。

この店名からわかると思いますが、高知県の郷土料理を「土佐料理」と名付けたのは、竹内太一さんの父・竹内和夫さんでした。

そんな竹内太一さんの父・竹内和夫さんは、祖父・小松牛次さんの養子として迎えられていますが、父・竹内和夫さんが最初に開業したのは中華料理店だったと言います。

「土佐料理 司」がその店舗数を拡大させ、急成長を遂げたのは、竹内太一さんの父で2代目社長・竹内和夫さんのときでした。

1969年(昭和44年)に高知市以外の最初の店舗「司」阪急三番街店を大阪に出店すると、1972年(昭和47年)には「祢保希(ねぼけ)」赤坂店を出店して、東京進出を果たしています。

ただ、ずっと順調だったわけではなく、東京進出当初はなかなかうまくいかなかったこともありました。

しかし、メディアに紹介されたことがきっかけとなって、息を吹き返すことができ、その後の店舗数の拡大を続けていきます。

(3)竹内太一「土佐料理 司」社長の経歴 ~実家の家業を継いで、老舗3代目社長へ~

竹内太一さんは地元・高知県高知市の高校を卒業後、一浪して東京の大学に進学しています。

大学進学と同時に、竹内太一さんは家族と共に上京して、「祢保希(ねぼけ)」赤坂店を出店するために建てた自社ビルの最上階に引っ越しています。

竹内太一さんは大学卒業後、実家の家業である「土佐料理 司」を継ぐ気はなく、外資系企業への就職も内定していました。

しかし、意外にも竹内太一さんの母親から「土佐料理 司」を継いでほしいと頼まれます

この母親からの依頼に対して、竹内太一さんは外資系企業の内定を辞退して、実家の家業である「土佐料理 司」への就職を決断したのです。

そんな竹内太一さんは入社後、調理見習いを経て、1974年に開店した「祢保希(ねぼけ)」新宿店の店長に就任します。

この時の経験から、竹内太一さんは「採用」「仕入れ」等の改革を実施しています。

そんな竹内太一さんは、常務、専務などの要職を経て、1996年に社長に就任します。

なお、「土佐料理 司」は、竹内太一さんが社長に就任する4年前の1992年(平成4年)に社名を「加寿翁(かずおう)コーポレーション」に変更しています。

竹内太一社長はバブル崩壊後に就任したため、課題は山積みでしたが、最初にやるべきことは多額の借金の返済と20店舗まで拡大した店舗のうち、赤字店舗を閉店させることでした。

この課題を見事にクリアしたことにより、業績を回復させた竹内太一社長は看板商品である「土佐料理」を見直すことによって、「土佐料理」のブランド化を徹底しました。

2017年(平成29年)に100周年を迎えた「土佐料理 司」は、2018年(平成30年)「加寿翁(かずおう)コーポレーション」から「土佐料理 司」に社名変更しています。

(4)「土佐料理 司」の店舗一覧

竹内太一さんが社長を務める「土佐料理 司」は、高知、大阪、東京に12店舗を展開しています。

「土佐料理 司」の12店舗はこちらです。

<土佐料理 司>

  • 司 高知本店
  • 司 高知空港店
  • 司 阪急グランドビル店
  • 司 梅田茶屋町店

<土佐料理 祢保希(ねぼけ)>

  • 祢保希 銀座店
  • 祢保希 赤坂店
  • 祢保希 丸の内店
  • 祢保希 新宿店
  • 祢保希 日本橋店

<酔鯨亭(すいげいてい)>

  • 酔鯨亭 高知店

<SUIGEI>

  • 酒と肴 SUIGEI 大阪店

<ごはん処 司>

  • ごはん処 司 阪急三番街店

「土佐料理 司」の公式サイト(店舗情報一覧)はこちら

2.竹内太一「土佐料理 司」社長の学歴(出身高校・大学)は?

「土佐料理 司」社長に就任して以来、「土佐料理」のブランド化を徹底することによって、地域の活性化を図ろうと奮闘している竹内太一社長ですが、どのような学歴をお持ちなのでしょうか。

そこで、ここでは「土佐料理 司」の竹内太一社長の学歴(出身高校・大学)をご紹介します

竹内太一社長の学歴の中で、明らかになっているのは、明治大学商学部を卒業していることです。

一方、出身小中学校・高校については、明らかになっておりません。

そこで、調べてみると、竹内太一社長の出身小中学校・高校について、次のことが判明しました。

  • 出身地である高知市内の小中学校・高校を卒業
  • 中高一貫の進学校に入学
  • 中学時代は軟式テニス部、高校時代は水泳部に所属

以上のことから、絞り込んだ結果、1校の中学校・高校が浮かび上がりました。

その中学校・高校は、

土佐中学校・高校

したがって、竹内太一「土佐料理 司」社長の出身中学校・高校は、土佐中学校・高校だと推定されます

竹内太一社長は、明治大学時代はヨット部に所属しており、年間200日は海で合宿をしていたと言いますから、学生時代は体育会系だったようです。

3.竹内太一「土佐料理 司」社長の家族(嫁(妻)、子供)は?

竹内太一「土佐料理 司」社長は結婚しており、嫁(妻)と4人の子供がいます。

なんと子供は4人とも娘なんです。

長女と次女は結婚して子供もいるのですが、2人とも女の子なんです。

要するに、竹内太一社長の子供は4人とも娘で、2人の孫も女の子だということです。

でも、今の時代、男が跡を継がなければならないということではないので、4人の娘さんかその旦那さんの中で、跡を継ぎたいという人に継がせてもいいのではないでしょうか。

いずれにしても、「土佐料理」は残してほしいと思います。

4.まとめ

この記事では、「土佐料理 司」社長・竹内太一さんとはどんな人物なのかを、年齢等経歴、学歴(出身高校・大学)をご紹介することによって、明らかにしました。

「土佐」は高知ということはわかるものの、「土佐料理」という言葉については聞いたことがなかったという人もいたのではないでしょうか。

この「土佐料理」のブランド化により、地域の活性化を図ってきたのが「土佐料理 司」社長の竹内太一さんです。

今回の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で「土佐料理 司」を知ったという人は、これらの店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

竹内太一「土佐料理 司」社長の今後益々のご活躍を期待しています。

石原詢子の学歴(出身中学校・高校等)は?結婚歴はある?夫や子供は?

出典:https://ameblo.jp/

石原詢子(いしはらじゅんこ)さんといえば、日本を代表する演歌歌手の1人として知られ、2018年にデビュー30周年を迎えました。

そんな石原詢子さんは、日本演歌界屈指の美人歌手としても知られています。

そこで、この記事では石原詢子さんはどんな人なのかを、学歴(出身中学校・高校等)、結婚歴はあるのか、夫や子供はいるのかについて、ご紹介することによって明らかにします

<関連記事>
石原詢子はどんな人?年齢、身長・体重、本名等プロフィール及び経歴

石原詢子の実家の家族は?両親(父親・母親)はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

1.石原詢子の学歴(出身中学校・高校等)及び偏差値は?

石原詢子さんは高校卒業後、歌手を目指すため、上京しています。

そんな石原詢子さんは、高校を卒業するまで生まれ故郷の岐阜県揖斐(いび)郡池田町の実家で過ごしました。

では、石原詢子さんの出身中学校・高校等はどこだったのでしょうか

そこで、ここでは石原詢子さんの学歴(出身中学校・高校等)及び偏差値をご紹介します。

(1)石原詢子の学歴(出身小中学校・高校)及び偏差値は?

石原詢子さんの学歴は積極的には公表されていないようですが、出身中学校・高校については判明しました。

石原詢子さんの出身中学校・高校及び偏差値は次のとおりです。

出身中学校:池田町立池田中学校(岐阜県揖斐郡池田町)

出身高校:岐阜県立揖斐(いび)高校(岐阜県揖斐郡揖斐川町(いびがわちょう))→ 偏差値38

石原詢子さんは自身のブログ「詢子のひとりごと」において、2015年から小中学校の同窓会に参加していることを綴っています。

同ブログによると、2015、2016年、2018年に小学校の同窓会、2017年に池田中学校の同窓会が開催されており、石原詢子さんはすべてに出席したようです。

池田中学校を卒業して以来、「35年近く音信不通だった」ようですが、急速に同級生との距離を縮めており、女子旅をするなど同級生との交流を楽しんでいるようです。

しかし、同ブログでは「池田中学校・同窓会」と出身中学校名を明らかにしている一方で、出身小学校名については明らかにしておりません。

そのため、石原詢子さんの出身小学校については、特定することができませんでした

石原詢子さんの公式ブログ「詢子のひとりごと」のこれらの記事はこちらです。

「小学校の同窓会」

「池田中学校・同窓会」

「またまた岐阜です」

2.石原詢子に結婚歴はある?夫や子供はいるの?

石原詢子さんは1968年1月12日生まれの51歳(2019年5月現在)ですので、結婚して成人の子供がいてもおかしくない年齢ですよね。

その上、石原詢子さんはこのような美貌の持ち主ですから、世の男性が放っておかないと思います。

そこで、石原詢子さんに結婚歴はあるのか、夫や子供はいるのかについても調査しました。

結論から言うと、驚いたことに石原詢子さんに結婚歴はないため、夫も子供もいないようです。

石原詢子さんに結婚願望がないのか、良い出会いがなかったのかはわかりませんが、これまで石原詢子さんは結婚したことがないようです。

かつて石原詢子さんは、好きな男性のタイプとして「優しくて何事も一生懸命な人」で、芸能人でいうと西田敏行(にしだとしゆき)さんだと語っています。

また、石原詢子さんのような人気演歌歌手には、彼氏の存在や結婚の事実が明らかになると、男性ファンが離れるおそれがあることから、人気が急落するというリスクがあることもまた事実です。

実際、水森かおり(みずもりかおり)さん、坂本冬美(さかもとふゆみ)さん、市川由紀乃(いちかわゆきの)さんなど人気のある女性演歌歌手には結婚していない方が多いのではないでしょうか。

3.まとめ

この記事では、石原詢子さんはどんな人なのかを、学歴(出身中学校・高校等)、結婚歴はあるのか、夫や子供はいるのかについて、ご紹介することによって明らかにしました

石原詢子さんは、高校卒業後上京するまで地元・岐阜県揖斐(いび)郡池田町で暮らしていたことから、地元の小中学校・高校に通っていました。

また、石原詢子さんに結婚歴はないため、夫も子供もいませんでした。

時代は変わり、結婚のかたちも変化してきていますし、石原詢子さんは美人ですから、結婚するチャンスはいくらでもあるのではないでしょうか。

石原詢子さんの今後更なるご活躍を期待しています。

檀ふみの年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等経歴、自宅は豪邸って本当!?

出典:https://ameblo.jp/

檀ふみ(だんふみ)さんといえば、数々のドラマや映画に出演し活躍してきた名女優として知られています。

最近では、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』でナレーションを務めたほか、TBS系ドラマ『陸王』『初めて恋をした日に読む話』に出演し、安定した演技を披露しています。

更に2019年5月10日から公開される、水谷豊(みずたにゆたか)さんが監督を務めた映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』にも出演しています。

そこで、この記事では檀ふみさんがどんな人なのかを、年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等経歴をご紹介するとともに、檀ふみさんの自宅が豪邸って本当なのかについてご説明することによって、明らかにします

1.檀ふみの年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等プロフィール及び経歴

名前:檀ふみ(だんふみ)

本名:檀ふみ(だんふみ)

生年月日:1954年6月5日現在の年齢:64歳

出身地:東京都練馬区

身長:170cm

血液型:A型

星座:ふたご座

学歴

出身中学校:東京学芸大学附属大泉中学校(東京都練馬区)

出身高校:東京教育大学附属高校(現・筑波大学附属高校)

出身大学:慶應義塾大学経済学部

所属事務所:檀ふみ事務所

(1)檀ふみは名女優!!父親は偉大な作家だった

檀ふみさんの父親は直木賞作家として知られる檀一雄(だんかずお)さんで、檀ふみさんは檀一雄さんの長女として生まれています。

【関連記事】
檀ふみの家族とは?父親は大作家!?母親はどんな人?兄弟姉妹はいるの?

檀ふみさんの芸能界デビューは、1972年に公開された高倉健(たかくらけん)さん主演の映画『昭和残侠伝 破れ傘』での映画デビューでした。

当時高校生だった檀ふみさん自身は映画デビューするつもりはなかったようですが、父・檀一雄さんと映画プロデューサーの策略により東映京都撮影所へ連れていかれ、主演の高倉健さんに会ったことが、映画デビューするきっかけとなりました。

要するに、当時の檀ふみさんが高倉健さんに惹かれてしまったため、映画デビューすることになったのです。

意外なことに、父・檀一雄さんは娘・檀ふみさんの芸能界デビューには賛成だったようですね。

その後、檀ふみさんは数多くのテレビドラマや映画に出演しており、『青春の蹉跌』(1974年)、『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(第18作、1976年)、『火宅の人』(1986年)などに出演したほか、『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(第42作、1989年)ではマドンナ役を演じています。

檀ふみさんは1993年公開の映画『わが愛の譜 滝廉太郎物語』では、第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しています。

また、映画『火宅の人』の原作は、檀ふみさんの父・檀一雄さんの長編小説であり、父の原作に娘・檀ふみさんが出演した形です。

(2)檀ふみの才能は父親譲りだった!?

檀ふみさんの才能は女優としてだけでなく、長きに渡ってお茶の間の人気を博したNHKのクイズ番組『連想ゲーム』の解答者としても発揮されました。

檀ふみさんは、映画デビューした翌年から15年間にも渡って名解答者として活躍しました。

更に檀ふみさんの大活躍の場として忘れてはならないのがエッセイストとしての顔です。

最も有名なのが、エッセイスト・小説家・女優など多くの肩書きを持つ阿川佐和子(あがわさわこ)さんとの共著『ああ言えばこう食う』です。

『ああ言えばこう食う』は1998年に出版されましたが、第15回講談社エッセイ賞を受賞しています。

檀ふみさんは阿川佐和子さんの1歳年下の大親友で、この2人には「父親が作家である」「父親が東京帝国大学の先輩・後輩である」という共通点があります。

檀ふみさんの著作には、『ほろよいかげん』(1985年)、『ありがとうございません』(1998年)、『まだふみもみず』(2000年)、『どうもいたしません』(2004年)、『父の縁側、私の書斎』(2004年)などがあります。

こうしたエッセイストとしての才能は、偉大な作家だった父・檀一雄さんの才能を受け継いでいるのではないでしょうか

2.檀ふみの自宅は豪邸だった!?

檀ふみさんは、東京都練馬区の石神井公園の近くにある実家に暮らしていたようです。

この自宅は、檀ふみさんの父・檀一雄さんが建てた家で、大作家にふさわしく豪邸だったそうです。

父・檀一雄さんは、高名な太宰治(だざいおさむ)、井伏鱒二(いぶせますじ)、中原中也(なかはらちゅうや)などとも交流があったと言いますから、本当に偉大な作家だったのです。

それほど偉大な作家である檀一雄さんであれば、その自宅が豪邸だったとしても納得してしまいます。

実は檀ふみさんは現在もなぜか独身なのですが、長年実家で暮らしていたそうです。

しかし、そんな住み慣れた自宅も区画整理に伴い、取り壊され立て直すことになりました。

自宅が取り壊された後も、近くのマンションで暮らすことになったという檀ふみさんですが、マンション暮らしは初体験だったそうです。

長年の実家暮らしだったお嬢様が、初めてマンションでひとり暮らしとなると不便なことが多そうな気がしますが、実際はどうだったのでしょうか?

3.まとめ

この記事では、檀ふみさんがどんな人なのかを、年齢・身長・学歴(出身高校・大学)等経歴をご紹介するとともに、檀ふみさんの自宅が豪邸って本当なのかについてご説明することによって、明らかにしてきました

檀ふみさんが名女優であることはよく知られていますが、檀ふみさんの父親が偉大な作家であることを知っている人は、意外と少ないかもしれません。

檀ふみさんはエッセイストとしても知られていますが、エッセイストとしての才能は遺伝によるものだったのですね。

そんな檀ふみさんが暮らしていた自宅は、父・檀一雄さんと暮らした豪邸でした。

その思い出の詰まった豪邸も区画整理により、取り壊されることになりました。

初めてのマンション暮らしを始めた檀ふみさんの暮らしぶりがどうだったのか、非常に気になるところです。

檀ふみさんの今後益々のご活躍を期待しています。

ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)、大学時代は暗黒時代だった!?

出典:https://www.zakzak.co.jp/

ホラン千秋(ホランちあき)さんといえば、今や女性キャスターとしてすっかりお馴染みとなりましたが、もともとは女優としてデビューしています。

そんなホラン千秋さんが女性キャスターとして活躍できているのは、その学歴(出身中学校・高校・大学)に秘密があるかもしれません。

そこでこの記事では、ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介するとともに、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという噂は本当かどうかについて明らかにします

1.ホラン千秋の学歴(出身中学校・高校・大学)及び偏差値は?

ホラン千秋さんは、アイルランド人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフですが、東京都多摩市で生まれ育っています。

【ホラン千秋さんの関連記事】
ホラン千秋の年齢・身長・本名等経歴、どこの国のハーフで国籍は?

そのため、日本の中学校・高校・大学に通って卒業しています。

ホラン千秋さんは、どのような学歴(出身中学校・高校・大学)の持ち主なのでしょうか。

ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)及び偏差値をまとめると次のとおりです。

  • 出身中学校多摩市立豊ヶ丘中学校(東京都多摩市、現在の多摩市立青陵中学校)
  • 出身高校東京都立国際高校(東京都目黒区、偏差値:68
  • 出身大学青山学院大学文学部英米文学科偏差値:60

ホラン千秋さんの出身中学校は地元の多摩市立豊ヶ丘中学校ですが、2008年に多摩市立貝取(かいどり)中学校と統合して多摩市立青陵中学校になっていますので、現在多摩市立豊ヶ丘中学校は存在していません。

中学時代、吹奏楽部に所属していたというホラン千秋さんはもともとフルートをやりたかったようですが、結局クラリネットを担当しています。

高校・大学へ進学する際、ホラン千秋さんは自身がアイルランド人とのハーフであり、英語が得意であることを存分に生かした高校選び、大学選びをしています。

というのは、ホラン千秋さんが進学したのは、東京都立高校の中で唯一国際学科が設置され、高い英語力が必要とされる東京都立国際高校だったからです。

ただ、ホラン千秋さんが当初進学を希望していたのは、東京都立国立(くにたち)高校だったのですが…

更に大学受験でホラン千秋さんが進学したのは、青山学院大学文学部英米文学科です。

青山学院大学在学中、ホラン千秋さんは2009年度「学業奨励賞」を受賞しているほか、オレゴン州立大学へ1年間留学しており、舞台を専攻しています。

以上のように、ホラン千秋さんの学歴は実に華麗なものであり、ニュースキャスターとしての見事な活躍ぶりもこの学歴を見れば納得できるのではないでしょうか

2.ホラン千秋の高校・大学時代は暗黒時代だった!?

既にご紹介したとおり、ホラン千秋さんの学歴は素晴らしいものがあり、十分に誇れるものだと思いますが、ホラン千秋さん自身はそのようには考えていないようです。

というのは、ホラン千秋さんが高校・大学時代は暗黒時代だったと考えているという噂があるのです。

調べてみると、2018年5月5日放送のTBS系トーク番組『サワコの朝』において、ホラン千秋さんは高校・大学時代を含めた期間を暗黒時代として振り返っていました

では、どうしてこのような輝かしい学歴の持ち主にもかかわらず、ホラン千秋さんは高校・大学時代を暗黒時代だと思っているのでしょうか。

ホラン千秋さんは、中学生の時に芸能事務所アミューズのオーディションに合格して、2005年2月から放送開始されたスーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』(テレビ朝日系)の敵キャラ役でドラマデビューを果たしています。

このドラマでの活躍ぶりから、ホラン千秋さんにはこれからどんどん仕事が増える一方だと思われましたが、その後ホラン千秋さんはオーディションに落ち続け、あっという間に10年の歳月が経ってしまったのです。

このようにオラン千秋さんにとって芸能界にいながら仕事がまったくなかった時期と高校・大学時代が重なってしまったことから、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという印象が強いのかもしれません。

実際ホラン千秋さんは、どうしてこの大学に毎日行かなければならないのかと悩んでいたようですし、大学時代サークル活動をしていなかっただけでなく、学園祭にも参加したことがなかったようです。

大学時代ホラン千秋さんにとって、最も重要だったのは芸能界でいかに仕事を獲得して、活躍することができるかということだったのです。

更にホラン千秋さんは大学時代の米国への留学をきっかけに、テレビを通して人に何かを伝えることができるアナウンサーやテレビ番組制作の仕事をしたいと思ったようです。

そのため、就職活動の際には、民放キー局のアナウンサー試験に挑戦したものの全滅してしまい、結局その後もフリーター生活を余儀なくされました

しかし、そんなホラン千秋さんが、その数年後日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』のキャスターに抜擢されたのをきっかけに、大ブレイクしていくとは本当に皮肉なものです。

3.まとめ

この記事では、ホラン千秋さんの学歴(出身中学校・高校・大学)をご紹介するとともに、ホラン千秋さんにとって高校・大学時代は暗黒時代だったという噂は本当かどうかについても明らかにしてきました。

やっぱりホラン千秋さんの学歴は優秀なもので、アイルランド人とのハーフであり、英語が得意であることを生かした高校・大学に進学しています。

現在ではキャスターをメインに、多くのテレビ番組でも大活躍しているホラン千秋さんですが、大ブレイクするまでには、10年に及んだ暗黒時代があったということです。

そういう苦しい期間があったからこそ、現在のホラン千秋さんがあるのだと思います。

ホラン千秋さんの今後更なるご活躍を期待しています。

米倉涼子の年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴は?本当はどんな性格?【画像あり】

出典:https://dot.asahi.com/

米倉涼子(よねくらりょうこ)さん主演の新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』が、2018年10月11日木曜21時から始まります。

米倉涼子さん演じる「小鳥遊翔子」の読み方は、「たかなししょうこ」になります。

これまで毎週木曜21時放送の米倉涼子さん主演のドラマといえば、言わずと知れた『ドクターX~外科医・大門未知子~』でしたが、テレビ朝日、米倉涼子さんの新たな挑戦として、新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』がスタートすることになりました。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』の5シリーズは、高視聴率を維持してきた(1:19.1%、2:23.0%、3:22.9%、4:21.5%、5:20.9%)だけに、新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の初回視聴率が大変注目されています。

そこで、この記事では米倉涼子さんがどんな人なのかを、米倉涼子さんの年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴や本当はどんな性格なのかをご紹介することによって、明らかにしたいと思います。

1.米倉涼子の年齢、身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等プロフィール及び経歴とは?【画像あり】

出典:https://www.asahi.com/

名前:米倉涼子(よねくらりょうこ)

生年月日:1975年8月1日(現在の年齢:43歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:168cm

体重:45kg

スリーサイズ:B84-W58-H85cm

血液型:B型

星座:しし座

特技:クラシックバレエ

愛読書:クリスチャン・ジャック著『太陽の王ラムセス』

<学歴>

出身中学校:横浜市立南希望が丘中学校(横浜市旭区)

出身高校:神奈川県立旭高校(横浜市旭区)

所属事務所:オスカープロモーション

2.米倉涼子の名前の由来と生い立ちとは?【画像あり】

出典:https://chicks-talk.com/

米倉涼子さんの「涼子」という名前の由来については、米倉涼子さん本人が明らかにしています。

米倉涼子さんは、1975年8月1日に神奈川県横浜市に生まれていますが、その日はものすごく暑い日だったため、名前だけでも涼しくしようということで両親から「涼子」と名付けられたと語っています。

小中学校、高校まで地元・横浜で過ごしたという米倉涼子さんは、5歳から15年間、クラシックバレエに打ち込んでいました。

神田うの(かんだうの、一学年上)さんとは、地元が近かった(神奈川県川崎市出身)ことから、中学1年生の時に横浜のバレエ教室で一緒にレッスンを受けていたことがあります。

米倉涼子さんは高校卒業後、英語の専門学校か、ペットトリマーの専門学校に進学したいと思っていました。

3.米倉涼子は、本当はどんな性格?【画像あり】

出典:https://news.biglobe.ne.jp/

米倉涼子さんは、ドラマの中では「私、失敗しないので」「いたしません」と強気一辺倒の外科医・大門未知子を演じていますが、本当は暗い性格で、自信など持ったことがないと自身で語っています。

2004年10~12月放送の『松本清張 黒革の手帖』で米倉涼子さんと出会い、連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』でもゼネラルプロデューサーを務めているテレビ朝日の内山聖子(うちやまさとこ)さんは、米倉涼子さんの性格を「もの凄く小心者」ですが、繊細さと大胆さを持ち合わせていて、それが彼女の強さであり、良いところでもあると分析しています。

米倉涼子さんといえば、悪女役が印象的で、姉御肌のイメージが強いですが、米倉涼子さん自身は悪女ではなく、姉御肌でもなく、相談を受けることはほとんどないと言います。

ゼネラルプロデューサーの内山聖子さん曰く「姉御肌というより、甘えっ子」だそうです。

また、米倉涼子さんは、仕事に対して、ストイックすぎるというくらい努力を惜しまない性格のようです。

ストイックだからこそ、2012年7月に上演した全編英語のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』を成功させることができたのだと思います。

4.米倉涼子、モデルデビューから大人気女優へと駆け上がる!!【画像あり】

出典:https://www.zakzak.co.jp/

1992年、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞したことをきっかけに、翌1993年にモデルデビューした米倉涼子さんは、1995年に女性ファッション誌『CanCam』(キャンキャン、小学館)の専属モデルとなり活躍しましたが、1999年に卒業しています。

1999年6月30日、米倉涼子さんは「女優宣言」を発表し、女優として活躍する決意をしています。

2000年1~3月放送のTBS系連続ドラマ『恋の神様』で、女優としてデビューした米倉涼子さんにとって、転機になったのは、2001年7~9月に放送されたフジテレビ系連続ドラマ『非婚家族』に出演し、主演の真田広之(さなだひろゆき)さんと共演したことでした。

真田広之さんといえば、子役としてデビュー後、アクションスターとして活躍し、演技派俳優として日本国内で数多くの映画やドラマで活躍したあと、世界進出し、今やハリウッドで活躍している日本を代表する大物俳優です。

ちなみに、真田広之さんが日本の地上波のテレビドラマに出演したのは、今のところ、この『非婚家族』が最後となっています。

この連ドラ『非婚家族』で、米倉涼子さんは真田広之さんと再婚した妻役を演じましたが、真田広之さんに芝居を教えてもらいました。

米倉涼子さんは芝居を熱心に教えてくれる真田広之さんの姿を見て、「真田広之さんのような芝居が好きな役者になりたい」と決意しました。

この決意を裏付けるかのように、米倉涼子さんは2002年4~6月放送のフジテレビ系連続ドラマ『整形美人。』において、連ドラ初主演を果たすと、翌2003年にはNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』への出演が決まり、NHK大河ドラマ初出演を果たしています。

それ以来、米倉涼子さんは女優として、数多くのドラマや映画で大活躍していますが、中でも代表的なドラマとしてはテレビ朝日系「米倉涼子×松本清張 3部作」が挙げられます。

テレビ朝日系「米倉涼子×松本清張 3部作」とは、連続ドラマ『松本清張 黒革の手帖』(2004年10~12月)、『松本清張 けものみち』(2006年1~3月)、『松本清張 わるいやつら』(2007年1~3月)のことで、米倉涼子さんは3作とも主演を務めるとともに、3作とも悪女を演じ、演技の幅を広げています。

5.米倉涼子、舞台でも活躍し念願のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』で主演!!

米倉涼子さんは舞台での活躍も目覚ましく、初舞台を踏んだのは2006年10月に明治座で上演された舞台版『黒革の手帳』で、主演を務め好評を博しました。

2009年5月には再び明治座で「松本清張生誕100周年記念」として、再演されています。

2008年には、米倉涼子さんの代表作となるミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』日本版に主演します。

ミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』は、米倉涼子さんにとって初主演のミュージカルとなりましたが、もともと大好きな作品だったため、いつか演じてみたいと自身で語っていました。

2012年には、米倉涼子さんが長年夢見ていた米ニューヨークのブロードウェイミュージカル『CHICAGO』の主演に抜擢され、日本での発表記者会見では、涙を流しました。

米倉涼子さん主演のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』は、2012年7月に上演されましたが、アジア人がアメリカ人役を演じるのは、ブロードウェイ史上初めてのことでした。

また、全編英語の舞台だったため、米倉涼子さんは舞台の稽古と平行して、英語レッスンにも取り組みました。

この舞台をきっかけに、米倉涼子さんの英語は飛躍的に上達し、『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第4弾で、初の海外ロケでニューヨークを行った際には、通訳を務めたほどです。

6.まとめ

この記事では、米倉涼子さんがどんな人なのかを、米倉涼子さんの身長・体重、学歴(出身中学校・高校)等経歴や本当はどんな性格なのかをご紹介することによって、明らかにしてきました。

タイトルの『ドクターX~外科医・大門未知子~』と『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を比べてみると、タイトルの並び方がよく似ていますよね。

何か狙いがあるのかどうかはわかりませんが、米倉涼子さんが演じる主人公は、外科医から元弁護士に変わります。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』で米倉涼子さんが演じた外科医は医師免許を持っていましたが、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』では、資格を剥奪された元弁護士を演じます。

この設定だけでも期待してしまいますが、どのようにストーリーが展開されていくのか、とても楽しみです。

米倉涼子さんの今後更なるご活躍を期待すると共に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』を楽しみにしています。